ウイルスカットしてくれるウレタン布マスク【We’llのマスク】

しっかりウイルスカットしてくれる布マスク

不織布マスクでは苦しい・おしゃれじゃないという理由から、多くの方が布のウレタンマスクを使い始めました。

ところが、最近ウレタンマスクではコロナ対策(特に、デルタ株)として予防効果がないなど、いろいろ言われはじめています。

「苦しくなく、おしゃれなウレタンマスクをそのまま使い続けたいけれども、 不織布マスクを使わなければならないのかな」と思われている方に朗報です。

We’llの「Comfit MASK ダブルレイヤー」は、不織布マスクとウレタン布マスクの両方のいいところを備えている第三世代マスクです。

「Comfit MASK ダブルレイヤー」は しっかりウイルスカットしてくれる・苦しくない・おしゃれなマスクをお探しの方におすすめです。

「Comfit MASK ダブルレイヤー」 のご購入はこちら

Comfit MASK ダブルレイヤータイプ

ここではComfit MASK ダブルレイヤーのメリットとデメリットについてご紹介します。

メリットとデメリットを簡単にまとめますと以下のようになります。

Comfit MASK ダブルレイヤーのメリット

  • ウイルス飛沫を99.9%カット
  • 苦しくない
  • しっかり隙間なくフィット
  • 見た目もおしゃれでしっかりUVカット
  • 袋をマスクケースとして使用できる

Comfit MASK ダブルレイヤーのデメリット

  • 値段が高い

以下で詳しく解説します。

Comfit MASK ダブルレイヤーのメリット

We’llの 「Comfit MASK ダブルレイヤー」 は旭化成と開発した編み機でつくられた、肌触りがとってもいいマスクです。

第三世代マスクといわれており、使い切りタイプのフィルターを挿入できるダブルレイヤー構造です。つまり、布のウレタンマスクと不織布マスクの良さを兼ね備えた製品です。

ここでは、「Comfit MASK ダブルレイヤー」のメリットについて解説します。

メリット①ウイルス飛沫を99.9%カット

We’llのマスク
公式サイトから引用

「Comfit MASK ダブルレイヤー」 は使い切りタイプのフィルターを挿入できるダブルレイヤー構造で、布マスクと不織布マスクの良さを兼ね備えています。

つまり、ウイルス飛沫を99.9%カットする3層構造フィルターがついており、フィルターは1日1枚を目安に交換すれば、使い捨ての不織布マスクと同じような効果が得られます。

ワイヤー入りは値段は高めで1,980円ですが、安全性・見た目・苦しくないという3点を兼ね備えたマスクです。

人混みが気になるときは裏地にフィルターを入れ、密にならない場所ではサッと取り外すなど、手軽な使い分けができます。

最近、ウレタンマスクではなく、不織布マスクをつけるようにという声がよく聞きますが、 「Comfit MASK ダブルレイヤー」でしたら、不織布マスクと同様の効果を期待できるため、安心してこれからもつけることができます。

「Comfit MASK ダブルレイヤー」 のご購入はこちら

Comfit MASK ダブルレイヤータイプ

メリット②苦しくない

We’llのマスク
公式サイトから引用

「Comfit MASK ダブルレイヤー」は、縦中心のノーズワイヤーが入っているため、立体感をキープし、口が当たらないので、呼吸しやすくなっています。

実際に私もつけてみましたが、本当に苦しくないです。

メリット③しっかり隙間なくフィット

Comfit MASK ダブルレイヤー
公式サイトから引用

新技術の3Dスキャン採寸と細やかな縫製技術を使っていることから、綺麗なフェイスラインを形成してくれます。

マスクがぴったりとフィットすることにより、小顔効果も期待できます。

実際つけてみると、しっかりと隙間がなくフィットしてくれるのがわかります。

メリット④見た目もおしゃれでしっかりUVカット

Comfit MASK ダブルレイヤー
公式サイトから引用

色が薄いおしゃれなものが多く、女性でも若い方でもファッションの一部のようにつけることができます。

もちろんUVカットUPF50+ですので、夏場など本当に助かります。

メリット⑤袋をマスクケースとして使用できる

We’llのマスク

その他、地味に便利だなと思ったのは、こちらの個包装で、ジップがついているので、マスクケースとして使用することができます。

「Comfit MASK ダブルレイヤー」 のご購入はこちら

Comfit MASK ダブルレイヤータイプ

Comfit MASK ダブルレイヤーのデメリット

ここでは 「Comfit MASK ダブルレイヤー」 のデメリットについてお話します。

デメリット①値段が高い

Comfit MASK ダブルレイヤーのフィルター
公式サイトから引用

デメリットは1つで、とにかく、値段が高いということです。

「Comfit MASK ダブルレイヤー」 は1,980円 で、それに替えフィルター30枚セットが必要になります。

替えフィルター30枚セットが770円です。

ちなみにワイヤーの入っていないシングル(フィルター入れなし)でしたら、980円です。

フィルターや シングル などWe’llのその他のマスクについてはこちらをご覧ください。

マスク特化型ライフスタイルブランド【We’ll】

その他の安い・苦しくないマスクに関してはホットヨガで息苦しくないおすすめのスポーツマスク・ランナーマスクをご覧ください。

おわりに

ここではComfit MASK ダブルレイヤーのメリットとデメリットについてご紹介しました。

苦しくないおしゃれなウレタンマスクはそのまま使っていたいけれども、感染リスクを考えるとどうしたらいいかとお悩みの方に、不織布マスクとウレタン布マスクの両方のいいところを備えてた「Comfit MASK ダブルレイヤー」はおすすめです。

「Comfit MASK ダブルレイヤー」 のご購入はこちら

Comfit MASK ダブルレイヤータイプ

アマゾンやYahooでも購入可能ですが、正規品でない可能性もあり、値段もバラバラです。公式サイトのほうが安心でしょう。

ホットヨガでも「Comfit MASK ダブルレイヤー」はとても役に立つと思います。

ホットヨガへの行きかえりにはしっかりフィルターを入れて感染対策をし、ホットヨガの最中は息苦しくないようにフィルターを取って参加するということができます。

ホットヨガマスクに関しては以下の記事を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました