オンライン・通信で安く取得できるおすすめのヨガの資格・スクール

オンライン・通信で 安く取得できる ヨガの資格

ヨガの資格といえば全米ヨガアライアンスRYTが有名ですが、全米ヨガアライアンス以外にもいろいろなヨガのインストラクターの資格があります。

各ヨガスクールだったり、各団体だったり。。

副業で趣味としてちょっとヨガを教えてみたいとお考えなら、費用対効果を考慮すると全米ヨガアライアンスRYT以外の資格も一つの選択肢だと思います。

そこでここでは、全米アライアンスRYT200以外のオンライン・通信教育で安く取得できるおすすめのヨガの資格をご紹介します。

なお、全米ヨガアライアンスRYTにご興味のある方は以下のリンクで詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

自己紹介
ヨガを英語教育に取り入れてTPRの教授法を確立したいと思い、ヨガのインストラクターの資格(全米ヨガアライアンスRYT500)を取得し、ヨガのインストラクターになりました。(本業は大学の英語教員です)

RYT200以外のヨガの資格はどのような人が取得すべきか?

最初にRYT200以外のヨガの資格はどのような人が取得すべきかについて解説します。

ヨガを本業としてプラスの資格が欲しい方

ヨガのインストラクターの紹介の履歴を見ると、たくさんの資格を書いていらっしゃる方がいますよね。

そういうのを見ると、いろいろなヨガを学ばれており、とても熱心なヨガのインストラクターさんなんだなと思うと思います。

たとえば、RYT200をすでに取得しヨガを本業としている方で、結婚したので、今後は自分の子どもとともに、キッズやベビーヨガなどもやってみたいという方なども多くいらっしゃるのではないでしょうか。

このように【RYT200+安く取得できるターゲットを絞った資格】という組み合わせは、仕事の幅を広げ、大きなチャンスを得ることができるのでおすすめです。

なお、RYT200の資格を取得したい方は、日本で最も有名でレベルの高いレッスンが受けられるアンダーザライトをおすすめします。

詳しくは「アンダーザライトのインストラクター養成RYT200がオンライン受講可に!」をご覧ください。

ちょっと気軽にヨガを教えたい・資格を取るのが趣味という方

全米ヨガアライアンスRYTは受講料も40~50万円近くするところが多く、学習期間も200時間です。

一方、それ以外のヨガの資格は、短期期間で取得出来て10万円程度のところが多いです。

本気でヨガのインストラクターになりたい、本業としてやっていきたいという方はRYT200の取得を強くおすすめしますが、公民館やカルチャーセンターで教えられたらいいなという方は、あえて時間と費用のかかるRYTを取得されなくてもいいのではないかと思います。

また、いつか役に立つかもしれないので、資格を取っておこう、あるいは資格取得自体が趣味という方もある一定数いらっしゃると思います。

そういった方に、RYT200は時間的・金銭的なハードルが高いと思いますので、以下で紹介するようなオンライン・通信で安く取得できる資格をおすすめします。

日本ハッピーライフ協会(JAHA)

子どものヨガの資格を取得したいなら、日本ハッピーライフ協会(JAHA)のベビーヨガ&ママヨガインストラクターとリトル&キッズヨガインストラクターをおすすめします。

教材も受講システムも料金もとても良心的な印象を受けました。

ベビーヨガ&ママヨガインストラクター

まずは、ベビーヨガ&ママヨガインストラクターの資格を解説します。

ベビーヨガに興味のある方や、ご自分が妊娠したとき、あるいは予定がある方、また、小さいお子様がいらっしゃる方におすすめできる資格です。

親子で一緒にポーズをとるヨガやママの骨盤調整や産後のリラックスなどのヨガを教えてくれます。

3つのパターンがあり、ご自分のライフスタイルに合わせて選べます。

  • 通学講座
    最大4名少人数で開催。        
  • オンラインでヨガ
    在宅でリアルタイムで受講。通学講座の内容をオンライン用に改良。

受講料は両方とも118,000円(税込み)です。

【JAHA認定】ベビーヨガ&ママヨガインストラクター通学・オンライン講座

  • 通信講座
    テキスト4冊・動画420分。ご質問はeメールやお電話で受けつけ。

こちらは受講料は認定校登録付きで99,000円(税込み)

また、動画とテキストで学べて、質問体制もしっかりしています。

こちらは今後かなり需要がある、将来性のある資格ではないかと思います。

ベビーヨガにご興味のある方は以下から問い合わせてみてください。

お問合せ・資料請求は公式サイトから

【JAHA認定】ベビーヨガ&ママヨガインストラクター通信講座

リトル&キッズヨガインストラクター

また、同じ団体が出しているリトル&キッズヨガインストラクターの養成講座もおすすめです。

上記と同様に通学・通信・オンラインの3つがあります。

3つのパターンがあり、ご自分のライフスタイルに合わせて選べます。

  • 通学講座
    最大4名少人数で開催。        
  • オンラインでヨガ
    在宅でリアルタイムで受講。通学講座の内容をオンライン用に改良。

通学・オンラインとも受講料は両方とも118,000円(税込み)です。

公式サイト

【JAHA認定】リトル&キッズヨガインストラクター通学・オンライン講座

  • 通信講座
    動画470分。ご質問はeメールやお電話で受けつけ。

通信の受講料は認定校登録付き70,000円(税込み)

公式サイト

【JAHA認定】リトル&キッズヨガインストラクター通信講座

とてもしっかりした教材なので、キッズ関係の資格はこちらで取得されることをおすすめします。

幼稚園や保育士の資格を持っている子供好きな方にもおすすめです。

こちらの特徴の一つに外国人のキッズヨガ講師による英語バージョンでの体験レッスン動画というのがあります。

英語でヨガを子どもに教えたい方にはおすすめです。

また、英語でヨガを教えることに興味のある方は以下のリンクで学習ください。

JYIA日本ヨガインストラクター協会 

JYIA日本ヨガインストラクター協会は独自の資格を出しているスクールです。

こちらの特徴は資格(JYIAライセンス)が3段階になっているので、どのレベルを目指すかを自分で決められます。

社団法人JYIA認定スクールの各プログラムを修了すると、JYIA認定試験の受験資格を得る事ができ、JYIAライセンスは日本ヨガインストラクター協会が承認・指導する教室の主宰者となる資格にも対応しているため、教室を開設・独立することができます。

3級 マスターコース/計38.5時間
ヨガ初心者も、ヨガに慣れている方も、ヨガインストラクターを目指す全ての方に必要なヨガの入門講座です。歴史や解剖学を学び、ヨガや身体の知識を深めることができます。¥77,000(教材費込)

2級 アドバンスコース/計59.5時間
アーサナを解剖学的に理解し、正しくポーズが取れるよう練習を重ねます。また身体を理解することで、指導する際、生徒に合わせたプロップを使用した指導方法や、アシスト・アジャスト方法を身につけることが可能です。
繰り返しロールプレイングをおこない、安全かつホスピタリティの兼ね備わったクラスの組み立て方を自ら考え、指導者としての自信をつけます。アドバンス(2級) ¥210,000(教材費込)

1級 シニアコース/計60時間
アドバンスのライセンスを取得した方のみ受講可能。アドバンスコースで習得したヨガの基礎を生かしてさらにスキルを向上し、幅広い年齢層や環境での活躍を目指します。 ¥410,000(教材費込)

この他入学金が¥54,000(事務手続手数料込)がかかりますので、1級を取得するとRYT200よりも高額になりますので、正直言って世界的に有名な資格の全米アライアンスを取得したほうがいいかなと思います。

全米アライアンスの資格については以下のリンクを参考にしてください。

特に、本気で一流のインストラクターになりたいとお考えでしたら、日本で最高峰の講師陣から学べるアンダーザライトを強くおすすめします。

アンダーザライトの詳細は「アンダーザライトのインストラクター養成RYT200がオンライン受講可に!」を参考にしてください。

ただ、2級・3級でしたら割安ですので、気軽に取得することができます。

また、取得するまでの時間も短いですので、ちょっとヨガの資格が欲しいという方に2級・3級の取得をお勧めします。

こちらもオンラインでも取得可能です。

お問合せ・資料請求は公式サイトから

JYIA日本ヨガインストラクター協会 

SARAスクール

こちらは女性専門の通信教育で、いろいろな講座があり、最近人気になっています。

こちらにもヨガインストラクターの講座があり、以下の2つの資格が取れます。

  • 日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)のヨガライフセラピスト資格
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)のヨガインストラクターjp資格

こちらはテキストだけなので、なんでもいいから手っ取り早くヨガの資格が取りたい方以外には正直言っておすすめできません。

ただ、ここが面白いのは、アーユルヴェーダの資格が取得できることです。

アーユルヴェーダというのは、体質に合わせた食事で体の状態を整える「食事療法」、天然の動植物や鉱物から作られる生薬を活用した「薬物療法」、オイルボディケアを利用した「リラクゼーション療法」の3つがあり、アーユルヴェーダのコースではこれら3つを体系立てて学ぶことができます。

さらに、アーユルヴェーダセラピストという日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)の認定資格を取得することができます。

ここではヨガの資格よりもアーユルヴェーダの資格を取得をおすすめします。

こういった気軽に取れる資格は賛否両論あるでしょうが、ただ、活用次第で大きな利益を生み出せる可能性があります。

アーユルヴェーダ資格取得の通信教育講座SARA 公式ページ

まとめ

ここではオンライン・通信で安く取得できるおすすめのヨガの資格について解説しました。

副業で趣味としてちょっとヨガを教えてみたいとお考えなら、費用対効果を考慮すると全米ヨガアライアンスRYT以外の資格も一つの選択肢だと思います。

また、本業でヨガをなさっている方で、ターゲットを絞ったヨガをやりたいと考えている方にもキッズやベビーヨガなどはおすすめです。

こちらで紹介した資格とスクールをまとめますと

ベビーヨガに興味のある方・妊娠したまたは予定がある方・小さいお子様がいらっしゃる方

【JAHA認定】ベビーヨガ&ママヨガインストラクター通信講座

幼稚園や保育士の資格を持っている子供好きな方

【JAHA認定】リトル&キッズヨガインストラクター通信講座

短時間でヨガの資格が欲しい方

JYIA日本ヨガインストラクター協会 

なんでもいいからとにかくヨガの資格が欲しい方

アーユルヴェーダの資格が欲しい方

アーユルヴェーダ資格取得の通信教育講座SARA 公式ページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました