オンラインパーソナルヨガ【YOGATIVE】のメリット・デメリット

オンラインパーソナルヨガ【YOGATIVE】のメリット・デメリット

スタジオレッスンだと

  • 通うのが大変で移動時間が余計にかかる
  • パーソナルだと料金が高い
  • コロナの感染リスクがある

オンラインのグループレッスンだと

  • 個別で質問がしにくい
  • 好きな時間に自分が受けたいレッスンがない
  • フィードバックがないので成長が実感できない

Youtubeなどの動画だと

  • 自己流になってしまい、正しい呼吸やポーズが出来ているか不安
  • 一人だと伴走者がいないので継続しにくい
  • 結局途中でやめてしまう

このような悩みを抱えられている方が多いようです。

そんな悩みを解決できるのが「オンラインパーソナルヨガ」です。

インストラクターと一対一で個別につながり、マンツーマンで正しく楽しく自分に合った方法で、オンラインで好きな時間に好きな場所で目的に合った完全オーダーメイドレッスンを受けることが出来ます。

私はこのコロナ禍の中、グループレッスンのオンラインヨガを実際にいくつか試したのですが、「グループレッスンになるとYOUTUBEとあまり変わらないな」「オンラインならパーソナルヨガのほうがいいのに」と思っておりましたところ、オンラインでパーソナルヨガのレッスンが受けられるYOGATIVE(ヨガティブ)がはじまり、とても興味を持ち、いろいろ調べてみました。

YOGATIVE(ヨガティブ)はananなどの人気雑誌をはじめ、さまざまなメディアで取り上げられており、かなり話題になっていますね。

ここでは特に、 YOGATIVE(ヨガティブ) のメリットとデメリットについて分析しました。

簡単に まとめますと、オンラインヨガはコロナ感染の心配などなく安心していつでも誰でも受講できるため今の時代にぴったりの形態です。ただ、オンラインヨガのグループレッスンでは細かい指導は難しく怪我などの心配が伴います。

その点、パーソナルなレッスンが受けられる YOGATIVE(ヨガティブ) は受講料はその分高くなりますが、通常は動画を利用してヨガを行い、月に数回しっかりとパーソナルな指導を受けるというのは理想的なレッスン形態だといえます。

以下では YOGATIVE(ヨガティブ) のメリットとデメリット について詳しく解説します。

50分間の無料体験はこちら

YOGATIVE公式ページ

自己紹介
ヨガを英語教育に取り入れたTPR(全身反応教授法)の教授法を確立したいと思い、ヨガのインストラクターの資格(全米ヨガアライアンスRYT500)をアメリカで取得し、ヨガのインストラクターになりました。(本業は大学の教員で大学では「ヨガと英語」の授業を担当)

YOGATIVE(ヨガティブ)のメリット

オンラインヨガ

最初にYOGATIVE(ヨガティブ)のメリットをお話します。

メリット①定期的な個人指導で安全に行うことができる

ヨガを本格的にやりはじめると、このポーズであっているのか、危なくないのかなど様々な疑問がわいてくると思います。

ところが、スタジオのグループレッスンやオンラインレッスンを体験されていた方ならよくわかると思いますが、グループレッスンでは、ポーズの個人指導はほとんどしてくれません。

あるオンラインヨガレッスンを1か月体験し、いろいろなレッスンを受けましたが、「●●さん、いいですね」「●●さん、素晴らしいですね」などの声掛けはよく聴きましたが、ポーズに関する指導などはほとんどありませんでした。

実際にオンラインのグループレッスンを受けて感じたことは、「オンラインのグループレッスンはYouTube動画とほとんど変わりないな」ということです。

また、グループレッスンですと、個々人の状態には関係なく、みんなと同じポーズをしなければなりません。

そのため、無理をして怪我をしてしまったり、悪いところを悪化させてしまうこともしばしばあります。

私自身は海外でヨガを高齢の方々も混ざったクラスで教えた経験があるのですが、そのとき「痛い方やケガしている方はこのポーズやらないでください」といってもみんな関係なくやるんですよ。

「あの方このポーズやめたほうがいいのに」と思っていてもやってしまい、冷や冷やした経験が何度かあります。

対面でのレッスンならそばに行って小さな声で指導することもできますが、オンラインのグループレッスンの場合は、1クラス30人ぐらいが普通ですので、当然画面にすべての人を映すことはできません。

ですから、個々人がどんなポーズをとっているかなんてチェックできません。

そう考えると、通常はYouTubeなどの動画で、1週間に1回パーソナルレッスンを受けて、自分が正しくできてるかチェックしてもらい、しっかり指導してもらうというのは理にかなった理想的なレッスン体系だと思います。

つまり、定期的な的確な指導をしてもらえれば、上達も早く、なんといっても安全に行うことができます。

メリット②自分専用のヨガのシークエンスが組んでもらえるので効果が出やすい

人それぞれレベルや目的が異なりますので、当たり前ですが、グループレッスンだと全員を満足させることはできません。

その点、パーソナルヨガでしたら、たとえば、「太陽礼拝に絞って徹底的に指導してもらいたい」「ダウンドックやチャトランガがちゃんとできているか、しっかり見てもらいたい」など、ポーズを細かくチェックしてもらうこともできます。

また、「今日は肩が凝っているので、肩こりに効くポーズを中心に」ということもお願いできますし、ダイエットを目的でしたら、「ダイエットに聞くポーズを中心に」などとお願いすることができます。

そのためグループレッスンよりも、明らかに効果があります

ところでこちらは YOGATIVE(ヨガティブ) で一番人気のある「ありさ先生」 の口コミです(公式サイトから引用)

  • ありさ先生、今日もレッスンありがとうございました。あっという間の1時間でした!とても楽しかったです。ヨガ哲学の方もわかりやすく絵を使って説明してくださりありがとうございました。私は視覚優位なのですっと入ってきました。本も頑張って読みます!課題の完全呼吸と足の指も毎日出来るよう努力します。課題をもらうのって子供たちみたいで嬉しいです♫(50代・女性)
  • ありさ先生は、最初に体の構造を写真を使ったりしてわかりやすく説明してくれるので納得しながらポーズが取れるのがとても良いです。自分の体を常に意識するようになりました。また、手の位置とかちょっとしたアドバイスが的確で、今では太陽礼拝が気持ち良く出来るようになり、ヨガがとても楽しいです。(50代・女性)
  • 私の体のクセを見て、それを矯正するポーズやストレッチを教えてくれるので、上達スピードが早いのだと思います。また、ポーズの時に、どこにどう意識を向けるのかポーズの理論なども教えてくださるので、理解が深まり、大変ありがたいです。石垣島の海をはじめとする豊な自然の中でレッスンしてくれるので、それがとても心地いいです。(40代・男性)

これらから以下のようなことがわかり、通常のグループレッスンとは大きく異なることがわかります。

  • ヨガ哲学の方もわかりやすく絵を使って説明
  • 体の構造を写真を使ったりしてわかりやすく説明
  • 手の位置とかちょっとしたアドバイスが的確

ちなみにこちらは「ありさ先生」の紹介動画です。

メリット③期間に関する縛りがない

ホットヨガに通われていた方・通っている方だとよくわかると思うのですが、ホットヨガは2年間の契約義務みたいのがあり、退会するときに、その前に退会や休会すると違約金をたくさん取られるなどど、いろいろ問題になっていますね。

「このコロナ禍でやめたいんだけれども、違約金取られるからやめられない」

「コロナで怖くてホットヨガスタジオに通えないから退会したら、違約金で5万円とられた」

などいう声をよく聞きます。

その点、 YOGATIVEでしたら、そのような2年間という長い縛りもなく、1か月・3か月・6か月の どれかを選べばいいだけですし、回数券というのもありますので、そのような心配は一切いりません。

ちなみに、規約に以下のように書いてあります。契約する場合はしっかり読んでから入会しましょう。

「月会員の最低契約期間は、申込みの日の属する月の翌月1日からを基準とし、1ヶ月会員であれば1ヶ月、3ヶ月会員であれば3ヶ月、6ヶ月会員であれば6ヶ月を最低契約期間とします。ただし、プラン変更の場合は期間満了の月の10日まで、退会希望の場合は期間満了の月の前月10日までに申し出ることとし、申し出がない時は、自動的に1ヶ月延長するものとし、以降これに準ずるものとします」

メリット④家でできるので安全

オンラインヨガの画面

このコロナ禍で、コロナ感染者(会員・インストラクター・受付)が出ているヨガスタジオも多く、その現状があらゆるところから耳に入ってきます。

ところがそのような ヨガスタジオでも公的にクラスタ―認定されない限りは、何事もなかったように営業をそのまま続けています(別に法に触れることではないのですが)

そのようなことを考えると共同で使用するロッカー室など怖くていけないですね。

また、夜遅くまでやっている ヨガスタジオ も多いですが、不審者が乱入してきたということを時々聞きます。

その点 YOGATIVE(ヨガティブ) でしたら、家でのレッスンですので、そんな心配は一切なく、安心してレッスンを受けられます。

メリット⑤パーソナルレッスンの割には格安

スタジオのパーソナルレッスンは1回8000円〜10,000円程度、月4回だと32,000円〜40,000円ぐらいが普通ですが、 YOGATIVE(ヨガティブ) なら月4回でも10,800円から受けられます。

また、一番安いコースですと5,800円/月というのもありますので、パーソナルレッスンの割には安いといえるでしょう。

以下ではYOGATIVE(ヨガティブ)のコースと料金を紹介します。

3種類の月会員コースと回数券があります。

月会員コース

ライトコース:月2回
6ヶ月会員5,800円/月
3ヶ月会員6,300円/月
1ヶ月会員6,800円/月
レギュラーコース:月4回
人気No.16ヶ月会員10,800円/月
3ヶ月会員11,800円/月
1ヶ月会員12,800円/月
アドバンスコース:月8回
6ヶ月会員19,800円/月
3ヶ月会員20,800円/月
1ヶ月会員21,800円/月

回数券のコース

回数券(1回45分のパーソナル)料金 1レッスン単価
4回券 16,0001レッスン単価4,000
8回券 30,4001レッスン単価3,800
16回券 56,0001レッスン単価3,500

今なら初回50分間のマンツーマンパーソナル体験レッスン通常3000円のところを、初回特別キャンペーンとして、無料で受けられます!

50分間の無料体験はこちら

YOGATIVE公式ページ

メリット⑥リアルタイムグループレッスンや無料動画あり

月会員になりますと、「パーソナルレッスン」の他に、月に3〜5回開催されるzoomを使ったリアルタイムグループレッスン(45分)に無料で参加できます。

「アーユルヴェーダ体質診断」とか「満月ヨガ」とかいろいろ面白そうなものを行っています。

また、月会員継続中はこのリアルタイムグループレッスンの録画動画を過去開催分含め全て、視聴可能ということです。

メリット⑦追加料金なしでペア受講OK

オンラインヨガを親子で

とてもいいなと思ったのが、「画面に映るのであれば、ご夫婦やご家族など、2人以上で受けていただくことも可能です。画面に映る範囲で指導をさせていただきます。また、その場合の料金は一人分でご受講可能です」とことです。

家族みんなで受けることも可能ですので、そう考えるとかなりお得ですね。

お子様と一緒に、ご夫婦で、ご兄弟でヨガを楽しめますね。

メリット⑧男性でも受講OK

男性のヨガも流行っていますが、それでも男性の数は圧倒的に少ないですので、女性ばかりのヨガレッスンに参加するのを躊躇される方も多いのではないでしょうか。

その点 YOGATIVE(ヨガティブ)なら1対1ですので、男性の方もまわりのことを気にする必要もなく、ヨガのレッスンを受けられます

メリット⑨好きな時間に受講

ライフスタイルに合わせて、男女問わず、仕事前、仕事終わり、子どもの寝た後に、好きな時間帯にヨガを受けることができます。

これならどんなに忙しくても続けられますね。

メリット⑩Lineコンシェルジュが便利

Lineでコンシェルジュのサポートを依頼することができます。

こういったオンラインのサービスの場合、なかなか電話やメールで担当者につながらずイライラすることってありますよね。

そんなとき、このLineコンシェルジュが何気に便利です。

Lineコンシェルジュでは以下のようなことが可能です。

  • 予約システムを使わずに予約
  • インストラクターのレッスン時間の調整
  • レッスン1日前までキャンセルの依頼が可能

メリット⑪英語でヨガのレッスンが受けられる

なんと YOGATIVE(ヨガティブ) には英語でヨガを教えられる先生が何人かいらっしゃります。

たとえば、 NiNA先生はTOEIC 925点でイギリスに留学された方です。

英語でヨガを学ばれたい方は、通常は「英語でYOGA!」や本ブログの英語でヨガを学ぶ・英語でヨガを教えるための完全ガイドで学習されて、月に数回YOGATIVE(ヨガティブ) の「英語レッスン」可の先生から習われたらいかがでしょうか。

created by Rinker
ベレ出版
¥1,870(2021/09/20 07:42:56時点 Amazon調べ-詳細)

上記の動画は「英語でYOGA!」 の付属動画です。

また、当ブログEnYOGAでは無料で以下のようなポーズを英語で学べる教材を提供しています。

立ちポーズで英語を学ぶ

座位のポーズで英語を学ぶ

四つん這い・膝立ちのヨガのポーズで英語を学ぶ

これらの教材を上手に活用し、さらに、月に数回 YOGATIVE(ヨガティブ) の先生から英語でヨガのレッスンを受けて英語とヨガを上達させましょう!

また、ヨガの英会話を外国人から習い方はヨガの英会話をマンツーマンで学べるオンライン英会話スクール!を、ヨガを英語で習いたい方は英語で学べるヨガスタジオ・教室・クラスを参考にしてください。

YOGATIVEのデメリット

オンラインヨガ

では、つぎにYOGATIVEのデメリットについて解説します。

デメリット①マンツーマンなので他のオンラインと比較して料金が高い

マンツーマンの中ではコスパの良いYOGATIVEですが、グループレッスンのオンラインヨガと比較すると、どうしても価格は高くなってしまいます。

オンラインヨガで有名なSOELUのプレミアムプランは、1日何回でもレッスンが受けられて、1ヶ月受け放題で6,578円ですので、月30回受講したとすると1回あたり127円です。

YOGATIVE(ヨガティブ) は月8回の6ヶ月契約であれば1回2,475円ですが、 SOELU と比較すると1回あたりのレッスン料20倍以上高くなります

これはSOELUが安すぎるといってもいいのかもしれません。

安いほうが絶対いいという方はSOELUをおすすめします。

また、SOELUはヨガの他、ピラティス・筋トレ・ボクササイズ・ダンスエクササイズも受け放題です。

100円で1か月無料体験できますので、 SOELU と YOGATIVE(ヨガティブ) 両方体験してみましょう。

そのうえでご自分にぴったりなほうを選んでください。

SOELUの30日間トライアル申し込み

デメリット②インストラクターの指名料が600円かかる

マンツーマンではあるのですが、オンライン英会話のように好きなインストラクターを選べないんですね。

そもそもインストラクターをどんどん採用すれば、そんなこともないんでしょうが、 YOGATIVE(ヨガティブ) の場合かなり採用基準を厳しているようで、合格率20%ということです。

そのためインストラクターを選べず、選ぶ場合は指名料600円がかかります。

おそらくこの指名料はインストラクターの方に、プラスして支払われるのでしょうね。

まとめ

ここでは YOGATIVE(ヨガティブ) のメリット・デメリットについてお話ししてきました。

まとめますと以下のようになります。

YOGATIVE(ヨガティブ)のメリット

  • 定期的な個人指導で安全に行うことができる
  • 自分専用のヨガのシークエンスが組んでもらえるので効果が出やすい
  • 期間に関する縛りがない
  • 家でできるので安全
  • パーソナルレッスンの割には格安
  • リアルタイムグループレッスンや無料動画あり
  • 追加料金なしでペア受講OK
  • 男性でも受講OK
  • 好きな時間に受講
  • Lineコンシェルジュ が便利
  • 英語でヨガのレッスンが受けられる

YOGATIVE(ヨガティブ) のデメリット

  • マンツーマンなので他のオンラインと比較して料金が高い
  • インストラクターの指名料が600円かかる

コロナ禍での安全や自己流での危険性などを考えると、通常は動画などでのレッスンを行い、定期的にしっかりと指導してもらうというのは、理想的なレッスン形態ではないかと思います。

無料で50分のパーソナルヨガレッスンが受けられますので、まずは無料体験にトライしてみましょう。

50分間の無料体験はこちら

YOGATIVE公式ページ

タイトルとURLをコピーしました