ホットヨガのカルドとラバどっちがいい?カルドとラバの徹底比較

ホットヨガスタジオ比較

ホットヨガといえば、カルドとラバが有名です。

カルドもラバも駅前にありますので、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

「カルドとラボどっちがいいのかな」

「カルドとラバってどう違うのかな」

と迷う方もいらっしゃると思います。

カルドとラバの違いを一言でいうと「多様性のカルド、均一性のラバ」といえます。

カルドは店舗ごとにそれぞれ特徴があり、ラバはどこの店舗にいってもある程度同じようなレッスンを受けることができます。

つまり、カルドは店舗ごとに施設やインストラクターがかなり異なるため、店舗選びが非常に重要になり、ラバは施設・レッスンの質がある程度保障されているため、店舗選びにそんなに神経質になる必要はありません。

また、カルドはヨガ+フィットネスに力を入れており、ラバはヨガ一本で頑張っているといえます。

ここではこれらについて詳しく解説します。

ご自分はカルドとラバのどちらがあっているのか、これを読んで賢く、ご自分に最適なホットヨガを選んでください。

 カルドの体験はこちらから

ホットヨガスタジオCALDO体験予約

速報

LAVAは通常体験料がかかりますが、12月末まで無料体験キャンペーンを実施中です。

LAVAのホットヨガを体験したい方は12月中に体験してましょう!

手ぶらセット付きで、ヨガマット・フェイスタオル1枚・バスタオル1枚・ウエア上下も無料で貸してくれます。しかもお水1リットルもらえます。

ラバの無料体験(12月まではこちらから

ホットヨガスタジオLAVA体験予約

CALDO(カルド)とは

カルド

INSPAグループが運営しているホットヨガスタジオです。

全国に約100店舗あります。

カルドの大きな特徴として、店舗により施設がかなり異なり、かなり複雑だということです。

大きくわけると以下のようになります。

  • 通常のホットヨガスタジオの店舗
  • 溶岩ヨガができる店舗
  • 岩盤浴が併設している店舗
  • サウナがある店舗
  • ジムや加圧ボディメイクができる店舗

東京都内に関してはホットヨガCALDO(カルド)の東京都内の店舗を徹底解説!に整理しました。

東京近郊にお住まいの方はご利用ください。

なお、料金は店舗・コースによりかなり異なりますが、ざっと月額7,000円~14,000円程度です。

カルドのメリット

ここからはカルドの特徴(メリット)をお話します。

溶岩ヨガができる店舗がある

溶岩ヨガができる店舗があるというのはカルドの一番のメリットです。

溶岩ヨガというのは、溶岩石の上でヨガを行うヨガのことをいいます。

溶岩石は遠赤外線を発するため、単にホットヨガを行うよりも様々な効果があります。

たとえば、体内の余分な水や毒素を排出し、新陳代謝を高めやすい体に改善することができます。

また、溶岩石にはミネラル成分がたっぷりと含まれており森林浴と同じくらいマイナスイオン効果が得られ、美肌効果も高いです。

溶岩ヨガの詳細は溶岩ヨガ・岩盤ヨガってどう違うの?メリット・デメリットは?を参考にしてください。

そのような溶岩ヨガができる店舗がカルドにはあります。

東京都内には11店舗あります(詳細は東京都内のカルドの溶岩ヨガスタジオを紹介を参考に)。

特に、おすすめは カルド大泉学園 です。

バリ島をイメージした館内で、とっても素敵です。

岩盤浴・サウナがある店舗がある

カルドには岩盤浴やサウナ施設を併設している店舗もあります。

岩盤浴施設に行くと温泉とセットになりますので、安くても1回1500円ですので、岩盤浴の大好きな人はホットヨガの会員になれば、月4,000円程度で岩盤浴をほぼ毎日利用できますので、とてもお得です。

ちなみに、料金は少し高くなりますが、岩盤浴の利用のみも可能です。

また、 カルドGINZA9店 にはサウナ施設もあり、カルドGINZA9にはサウナがあり、フィンランド式「ロウリュ」が体験できます。

詳細はこちら>>>カルドGINZA9の公式サイト

ジム・加圧ボディメイクができる店舗がある

多くのカルドの店舗でジムや加圧ボディメイクを併設しています。

また、 ジムや加圧ボディメイク を併設している店舗は男女共用のところが多いです。

ジム併設のカルドに通えば、料金が同じぐらいでジムと本格的なホットヨガが両方できるのでとてもお得です。

特に、カルド渋谷店がおすすめで、男女共用で、ジム・ 加圧ボディメイク もあり、溶岩ヨガもできます。

24時間のジムがあるところもあります。

ファイドウ ができる店舗がある

カルドGINZA9店 には暗闇アクティブスタジオがあり、暗闇の中や映像を使用していろいろなレッスンが行われています。

テンポの良い音楽に合わせ、ミニトランポリン等の道具を使ったプログラム やパンチやキックなど、様々な格闘技の動きを入れてノリの良い音楽に合わせて、激しく動くファイドウも習えます。

空中ヨガができる店舗がある

テレビなどで話題になっているハンモックを使用して空中で行う空中ヨガができる店舗もあります。

空中ヨガは「シルク」や「ティシュー」と呼ばれる天井から吊るしたハンモックを利用してポーズをとります。

ハンモックを利用して空中でポーズをとるので、余計な力が入りにくく、効果的にエクササイズを行うことができ、空中でポーズを行うことで、体幹やインナーマッスルを鍛える効果があります。

空中ヨガができるカルド石神井公園店の詳細はこちら>>>カルド石神井公園店

個性を生かしたレッスンが受けられる

カルドの社員の方はもちろんですが、フリーのインストラクターの方も多く、個性的なレッスンもかなりあります。

また、インスタで有名な方もいらっしゃるので、そういった方目当てで受けることができます。

 カルドの体験はこちらから

ホットヨガスタジオCALDO体験予約

カルドのデメリット

ここからはカルドのデメリットについてお話しします。

店舗ごとに施設・プログラムが異なるので複雑

「店舗ごとに施設が異なるので複雑」この一言につきるのではないかと思います。

「溶岩ヨガができる」「岩盤浴施設もある」と思い、実際に体験してみると、「自分が望んでいた施設じゃなかった」 ということもあるのではないでしょうか。

また、岩盤浴やら溶岩ヨガやら間際らしいですよね。

私ははじめ岩盤浴施設があるので、岩盤ヨガができるのだと思いました。

カルドで働いている方に聞いても、どこにどの施設があるのか、きちんと把握はしていないようです。

また、料金体系も複雑で、無料で使い放題のジムがある店舗もあれば、ジムは別途料金がかかる店舗があります。

さらに、カルドはすべての店舗ではないのですが、「アンダー25」や「U30プレミアム」など25歳以下または30歳以下の方に対して割引してくれる制度があります。

ところが、この制度すべてのカルド店舗が行っているわけではなく、東京都内で行っているのは5店舗しかありません。

お得な制度なのですが、わかりにくいですね。。

「アンダー25」や「U30プレミアム」 の詳細は年齢が若い人に割引がある東京都内のカルドの店舗を参考にしてください。

店舗ごとにそれぞれが独自の施設やプログラムを行い、多様性を重視しているため、その分料金体系も複雑になっているということでしょう。

店舗ごとに、施設・料金システムが異なるので、興味のある店舗が見つかったら、まずは体験を行い、体験後に料金体系はどうなっているのかきちんと理解できるまでスタッフの方に質問しましょう。

 カルドの体験はこちらから

ホットヨガスタジオCALDO体験予約

レッスンごとに当たり外れがある

フリーのインストラクターの方もいるためレッスン内容は統一されていません。

かなり厳しい採用審査を行っているようなので、質はある程度保証されていますが、ただ、レッスン内容はかなり自由なので、そういった意味では、好き嫌い・当たり外れがあります。

LAVA (ラバ)とは

ラバはベンチャーバンクが経営するホットヨガスタジオで、ホットヨガスタジオ最大手です。

全国430店舗以上ありますので、皆様の近隣の駅で一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

店舗数ではラバの方がカルドより圧倒的に多いです。

料金は月額ざっと7,000円~17, 000円程度です。

ラバのメリット

ここではラバのメリットをご紹介します。

クラスによる当たりはずれが少ない

ラバのメリットとして画一化したレッスンのためクラスによる当たりはずれが少ないというのがあげられます。

同じスタジオでも先生によって、当たりはずれってかなりありますよね。

その点ラバはインストラクターのほとんどがラバの社員で、決まったシークエンス・インストラクションがあるため、基本的にマニュアルに沿ってレッスンが行われています。

そのため質が保証されており、どのインストラクターのレッスンを取っても大きな失敗がないといえます。

オンラインレッスンが充実している

ラバは最近オンラインレッスンもはじめました。

一つは「うちヨガ」で、LAVAマンスリーチケット登録中の方(休会も含む)が、レッスン動画を無料で視聴できるものです。

「LAVAうちヨガ+」は、ライブレッスンや毎日異なる様々なレッスン動画を閲覧できる有料サービスです

  • LAVAマンスリーメンバー:1,380円/月(税込1,518円/月)
  • LAVAマンスリーメンバー以外のお客様:3,180円/月(税込3,498円/月)

LAVAの会員の方はかなり安くオンラインレッスンを受けられます。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

最大1か月無制限でレッスン受け放題のキャンペーンを行っています。

LAVAのオンラインヨガ

ウッドストーン・スタジオがある店舗がある

まだ、数は少ないですが、木と石のスタジオ「ウッドストーン・スタジオ」がある店舗があります。

遠赤外線を放つといわれているシリカをヒノキの床材の下に敷き、さらにその下から床暖房で熱を加えています。

つまり、木と石の自然のパワーを感じながらヨガができます。

若い人用の割引制度がある

ラバは学割プランやU29割のように10代・20代など若い人向けの割引制度が充実しています。

カルドの場合は、カルドのデメリットで説明しましたように、店舗により行っているところと行っていないところがありますので、若い人用の割引制度に関してはラバのほうが勝ちですね。

学割プランやU29の詳細はこちらを参考に>>>ホットヨガスタジオLAVA

ホットヨガの学割や年齢割の詳細は大学生におすすめのホットヨガ【ロイブ・ラバ・カルド】学割がお得も参考にしてください。

店舗数が多いので通いやすい

ラバは全国で約400店舗以上(カルドは約100店舗)ありますので、ラバのほうが圧倒的に多いので、近所にある確率が高くラバのほうが断然通いやすいです。

また、ラバには職場と自宅などのように2店舗を選んでどちらでも通えるプランがあります。

職場の近くだと休みの日は通えないし、自宅の近くだと夜遅くなってしまうなど、働いている方にとってはかなり魅力ですね。

LAVAの体験はこちらから

ホットヨガスタジオLAVA体験予約

ラバのデメリット

ここではラバのデメリットについてお話します。

似通ったレッスンで飽きてくる

マニュアルに沿ったレッスンが行われているため、似通ったシークエンスやインストラクションになり、インストラクターの個性が現れにくく、慣れてくると飽きる人がいるかもしれません。

ただプログラム数も多いですので、そういった意味では選べます。

ヨガ以外の施設は充実していない

カルドはどちらかというとフィットネスの一つとしてヨガを提供しており、そのためヨガ以外の施設が充実しています。

特に、 カルドGINZA9店 は本当にすごいです。

一方、ラバはヨガ一筋で頑張っています。

特に、ラバはFIRSTSHIPというヨガ講師養成校でも有名です。

FIRSTSHIPの詳細はFIRSTSHIPでRYT200をオンラインで取得できる?を参考にしてください。

ヨガ以外も楽しみたい方にはラバは物足りないですね。

カルドとラバに共通していること

最後に、カルドとラバに共通していることをまとめます。

  • 駅近にあるので通いやすい。
  • 安く体験(時々無料)できるので、体験してから入会を決めることができる。
  • すべてではないが、男女共有の店舗があるので、男性も通うことができる。
  • どちらも店舗により受講料が異なり、だいたい月額7,000円~17,000円ぐらい。

結局カルドとラバどっちがいいの?

以上をまとめると「多様性のカルド、均一性のラバ」といえるでしょう。

また、「フィットネスの一つとしてヨガを捉え、ヨガ以外にもいろいろな施設やプログラムを充実させているカルド」「ヨガ一筋でオンラインヨガ・ヨガインストラクター養成校なども充実させているラバ」ともいえます。

結局カルドとラバどっちがいいのということになりますと、答えは人それぞれということになりますが、一つの指標として以下のようにまとめることができます。

カルドを選ぶべき方

  • 美肌効果目当てなら溶岩ヨガや岩盤浴・サウナ施設があるカルド
  • ヨガ以外にもジムや加圧などもやりたい方はカルド
  • いろいろな個性のあるインストラクターから教わりたい方はカルド

ラバを選ぶべき方

  • ある程度の質とレベルが保障されたレッスンを常に受けたい方はラバ
  • 店舗数が多く職場と自宅の2店舗選べるなど通いやすさで選ぶならラバ
  • オンラインレッスンも併せて受けてヨガ三昧の生活をしたい方はラバ

ご自分がどちらを欲しているのか考えてみましょう。

参考になれば幸いです。

カルドの体験はこちらから

ホットヨガスタジオCALDO体験予約

ラバの体験はこちら

ホットヨガスタジオLAVA体験予約

コメント

タイトルとURLをコピーしました