日本語と英語でヨガを学ぶ

「日本語と英語でヨガを学ぶ」に関する記事です。

以下の3つに分かれています。

  • ヨガの哲学・理論・知識
  • ヨガのポーズ
  • ヨガ・英語に関する情報
ヨガのポーズ

陰ヨガのスフィンクスのポーズを日本語と英語で学ぼう!

ここでは陰ヨガの代表的なポーズの一つであるスフィンクスのポーズについて日本語と英語で学びます。最初にポーズについて簡単に解説し、さらに、ポーズの注意点や効果について日本語で解説します。最後にスフィンクスのインストラクションを日本語と英語で学びましょう。
ヨガ哲学・理論・知識

【ヨガ哲学】ヨガ・スートラが学べるおすすめの日本語・英語の本

ここではヨガ哲学のヨガ・スートラの日本語と英語の本をご紹介します。ヨガ哲学の基本となるヨガスートラは難しいですが、簡単に書かれた本もありますので、それらを読んでから徐々に難しい本に挑戦しましょう。英語が得意な方はぜひ、英語版に挑戦にしてください。
ヨガ哲学・理論・知識

ヨガ哲学おすすめの7冊【初心者のための簡単でわかりやすい本】

ここではヨガ哲学の初心者のための簡単でわかりやすい本を7冊をご紹介しました。「ヨガ哲学難しそう」と敬遠しないで、簡単な面白そうな本から読んでみてください。7冊中5冊はKindle版がありますので、いつでもどこでも気軽に読めます。
ヨガ哲学・理論・知識

【ヨガ哲学:ヨガスートラ】ヴルッティ(考えの動き)とは?心とは?

ここではヨガ哲学のスートラの心やヴルッティについて解説します。心の機能はマナス・ブッディ・アハンカーラ・チッタン・ヴルッティの4つに、ヴルッティはプラマーナ・ヴィパルヤヤ・ウィカルパ・ニッドラー・スムルティの5つに分けることができます。
ヨガ哲学・理論・知識

【ヨガ哲学:欲を手放し執着しない】アッビャーサとヴァイラーギャ

ヨガの哲学である ヨガスートラには一定の努力(アッビャーサ)をしたらそれを手放す・執着しない(ヴァイラーギャ)という思想があります。これは今流行りの「断捨離」にも通じるものがあります。ここではアッビャーサ・ヴァイラーギャについて詳しく解説します。
ヨガ・英語に関する情報

英語でヨガが学べるオンラインスクール・全国のヨガスタジオを紹介

英語でヨガが学べるオンラインスクール・ヨガスタジオについての情報を調べ、1つにまとめました。最初に全国どこにいても学べるオンラインスクールについて、次に全国各地(東京・横浜・名古屋・京都・大阪・福岡)の英語でヨガを学べるスタジオをご紹介します。
ヨガ・英語に関する情報

ヨガの英会話をマンツーマンで学べるオンライン英会話スクール!

「ヨガの英会話を世界中のヨギーから学ぼう」ということで、講師を自由に選べるオンライン英会話の DMM英会話とNativeCampをご紹介し、 ヨガを趣味とする、あるいはヨガを教えている講師とのフリートークの仕方について解説します。
ヨガ・英語に関する情報

英語でヨガを学ぶ・英語でヨガを教えるための完全ガイド

英語でヨガを学びたい方、英語でヨガを教えたい方のために、ヨガを英語で学ぶための単語(動詞・体の単語)・教材(動画・本)や調べた情報(スクール)などをここにすべて集約して「英語でヨガを学ぶ・英語でヨガを教えるための完全ガイド」として一つにまとめました。
ヨガのポーズ

椅子ヨガ・オフィスヨガのおすすめポーズ【ついでに英語も学ぼう】 

「デスクワークで肩こりや首こりがひどい」「英語を習いたいけど時間がない」と思われている方も多いと思います。ここでは、そのような方のために肩こり・首こりに効く椅子に座ってできるおすすめのオフィスヨガ5ポーズとそれらを英語で学べる動画をご紹介します。
ヨガ哲学・理論・知識

ヨガのアジャストの方法が学べる本・DVD・動画【日本語と英語】

ヨガのレッスンでアジャストを実際にやるかやらないか、アジャストが好きか嫌いかは別にして、ヨガのインストラクターとしてアジャストの正しい方法は知っておくべきでしょう。ここではヨガのアジャストのおすすめの本・DVD・YouTube動画をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました