門のポーズ(かんぬきのポーズ)を英語で学ぼう!ウエストの引き締めに効果的 

門のポーズ

門のポーズは英語ではGate Poseといい、サンスクリット語ではパリガサナ(Parighasana)といいます。

ちなみに、パリガは、「かんぬき」という意味で、かんぬきのポーズと呼ぶ方もいます。

ヨガの門のポーズは、ウエストのストレッチ効果が大きいと言われており、ウエストの引き締めにも効果があります。

左右の脇腹が伸縮するため、ウエスト、脇、二の腕にかけて引き締めにも効果的です。 

体の側面をしっかり伸ばすことで、背骨のストレッチ効果も期待することが出来ます。

また、側面を伸ばすことにより、内臓の活性化やリラックス効果も期待できます。

ここではそんな効果の高い門のポーズを簡単な英語でご紹介します。

ヨガを英語教育に取り入れてTPRの教授法を確立したいと思い、ヨガのインストラクターの資格(全米ヨガアライアンスRYT500)を海外で取得し、ヨガのインストラクターになりました(本業は英語教育を専門とする大学の教員です)。

サンスクリット語とは

日本や海外のヨガのクラスで、日本語でも英語でもない、なんだかわからない言葉が出てくるなぁと思ったことはありませんか?

よく使われるのは「シャバーサナ」「タダーサナ」などで、ヨガのインストラクターは当たり前のように使いますが、初めて聞いた方は????になるかと思います。

それらは「サンスクリット語」で古代から中世にかけて、アジア大陸や東南アジアにおいて、実際に使われていた言語です。

日本だけでなく、海外のヨガのレッスンでも、サンスクリット語でポーズ名をいうインストラクターの方は多いです。

サンスクリット語でよく使われるポーズ名はある程度理解しておいたほうがいいと思います。

ちなみに、門のポーズは最初にご紹介しましたように、パリガサナParighasana)です。

門のポーズの英語ワンポイント講義 

今回は門のポーズの英語で使われるポイントを説明します。

gate pose

Slide your left hand toward your knee, with your palm facing outward.

左手を膝のほうに。手のひらは外側に。

slide        滑らかに動かす

facing                向いている

outward          外側

slide

slide  (滑らかに動かす)はヨガのレッスンで結構使います。

日本語でもスライドといいますのでわかりやすいと思います。

with your palm facing outward(with の付帯状況)

with your palm facing outward. は難しい文法用語を使えば、with の付帯状況です。with + 名詞 + 状態は名詞=状態ということで、名詞の部分を状態で説明しています。

つまり、be動詞を入れると成り立つ関係です。

your palm is facing outward.と文が成り立ちますよね。

ただ、あんまり難しいこと考えないで(英語ネイティブはwithの付帯状況なんていう文法用語知りませんし、使っていませんし、考えていません)この使い方に慣れてしまいましょう。

ヨガのレッスンではwithの付帯状況の形は結構使います。ちなみにwithを省略することもあります。

門のポーズの英語インストラクション

Come into an upright kneeling position.
膝立ちになって。

The knees are about one to two fists apart.
膝はこぶし1~2つ分あけて。

Place your hands on your hips.
手を腰に。

Step your right leg forward.
右足を前に。

Open your left leg out to the side using your left hand.
左手を使いながら、左足を横に広げて。

Slide your right foot out to the side.
右足を横に動かして。

Slide your right hand toward your knee with your palm facing outward.
右手を膝のほうに。手のひらは外側に。

Reach your left arm up next to your left ear.
左腕をあげて左耳の横に。

Lean your torso to the right, stretching the left arm over your head.
上半身を右に傾けて。左腕は頭の上に伸ばして。

Turn your gaze toward the ceiling.
目線を天井のほうに。

門のポーズ(パリガサナ)の効用と注意点

効用(Benefits)

Opens the side body, chest, and shoulders.
体側・胸・肩を開く。

Stretches the calves, hamstrings, and spine.
ふくらはぎ・ハムストリング・背ぼねをストレッチする。

Tones waist.
ウエストを調整する

注意点(Watch out for)

If you feel pain in your knees, place a folded blanket or towel under your knees.
膝に痛みを感じたら、折った毛布かタオルを膝の下に置いてください。

その他、

  • 体が前に傾かないようにする
  • 倒している方向の胸を上に向けるようにして胸を開く
  • 骨盤は正面に向ける
  • 膝が痛い方は椅子に座って行う

などにも気をつけましょう。

門のポーズが学べる動画

Come back to the center.
真ん中に戻って。

英語のインストラクションについては下記の動画で学習しましょう。 Gate Pose(門のポーズ) の動画では、ヨガを通して英語も同時に学んでいきます。

最終目標は動作を行いながらのシャドーイングです。

健康と英語力向上のため毎日行いましょう。また、おうちで親子で一緒に英語の学習をしながらヨガを行ってください。

Part 1 最初に動作に関する英語表現を学びます。

Part2 その後に習った英語を聞きながら、ヨガを行ってみましょう。

門のポーズで英語を学ぼう【ヨガ・ストレッチ・体操を英語で】

最終目標はヨガを行いながらのシャドーイングです。 ヨガを行いながら、聞こえてくる英語と同時に英語を言えるようになるまで何度も行いましょう。

門のポーズが入っているシークエンスに挑戦

ここの英語がしっかりわかるようになったら、門のポーズが入っているシークエンスに挑戦しましょう。

肩・背中のための英語でヨガ 【肩こり・背中こり解消のストレッチ】

肩こり・背中こり解消のためのポーズ4選【ヨガ×英語】運動不足解消のために!

おわりに

ここでは門のポーズで使われる英語を解説しました。

英語はコミュニケ―ションですので、時々外国人とコミュニケーションすべきです。

特に、趣味を同じとする外国人といろいろ話すのは楽しいです。

ネイティブキャンプでは、120か国以上の国から先生を選ぶことができ、その中の100名以上がヨガを趣味として行っていたり、ヨガを教えています。

毎回異なる国の先生とヨガの話題について話し、世界中のヨギーとお友達になるというのも楽しいと思います。

7日間無料体験できますので、その間に、ヨガを趣味としているたくさんの先生と英語でお話して、どんなヨガを行っているのか、どんな食べ物(ベジタリアンの先生も多いと思います)を食べるのか、どんなヨガスタジオがあるかなどいろいろ聞いてみましょう!

その他、DMM英会話でも同様に世界中のヨガを趣味とする先生を探せます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました