ヨガのダウンドック(下向きの犬)のポーズを英語で学ぼう!

ダウンドックのポーズを英語を学ぼう
ヨガのダウンドックのポーズを英語を学ぼう

ダウンドックは、そのまま日本語に訳せば、下向きの犬のポーズとなりますが、お尻を高く上げ、体全体で三角を描くようなポーズで、ヨガでとても有名なポーズです。

背中からハムストリングと体の背面を伸ばすことができ、とても気持ちいいです。

ここでは、そのようなダウンドックのポーズについて学び、さらに、ダウンドッグでよく使う英語についても学びます。

ダウンドックのポーズを学びながら英語力も伸ばしていきましょう。

自己紹介
ヨガを英語教育に取り入れてTPRの教授法を確立したいと思い、ヨガのインストラクターの資格(全米ヨガアライアンスRYT500)を取得し、ヨガのインストラクターになりました。(本業は大学の英語教員です)

ダウンドック(下向きの犬)のポーズとは 

ダウンドックの英語の正式名はDownward-Facing Dogです。

つまり

downward(下の方へ)

facing→face (向く)

dog (犬)

になりますから、日本語では正しくは、「下向きの犬のポーズ」と呼ばれています。

サンスクリット語では「アド・ムカ・シュヴァナーサナ」といい、海外のヨガのレッスンだと、サンスクリット語でポーズ名を言う方もいますので、覚えておくといいでしょう。

ダウンドックの効用

Downward-Facing Dog

Stretches the shoulders, hamstrings, and calves.
肩・ハムストリング・ふくらはぎをストレッチする

Elongates the spine.
背骨を伸ばす

Helps relieve stress.
ストレスを和らげる

と言われています。

特に、背骨が伸びるので本当に気持ちいいです。

背中を伸ばすことを意識して、難しい場合は、膝を曲げて行いましょう。

ダウンドックで使う英語の動詞 ① paddle(pedal・walk)

ダウンドックでその場で足をバタバタさせることってありますよね。

その時に、walk(歩く)やpedal(ペダルを踏む)をよく使います。

その他、paddleを使う先生もいます。

paddle というのは「( 手足を)バタバタさせて進む」という意味です。

paddle

ダウンドックのポーズ

Paddle your feet a couple times to gently stretch the hamstrings. 
その場で何度か足踏みし、ハムストリング(腿の後面)をゆっくりと伸ばして。

feet                       足

hamstrings           ハムストリング(腿の後面)

ダウンドックで使う英語の動詞 ② spread

もう一つ手をしっかり広げてというときに使うspreadも覚えておきましょう。

spread

ダウンドックのポーズ

Spread your fingers wide.
手を広げて。

spread          広げる

fingers        指

wide                広く

spreadはパンにバターを塗るときなどによく使います。

ダウンドックの英語のインストラクション

Walk your hands forward.
手を前に歩かせて。

Send your hips up.
お尻を上に(天井方向に)あげて。

Pull your chest towards your thighs.
胸を腿に近づけて。

Straighten your spine.
背骨をまっすぐに。

Pedal your feet a couple times to gently stretch the hamstrings.
何回か足踏みをしてゆっくりとハムストリングを伸ばして。

Look between your hands.
目線両手に。

Walk your feet between your hands.
両足は両手の間に歩かせて。

Exhale. Fold forward.
吐いて。前屈。

Inhale. Slowly roll up.
ゆっくりと起き上がって。

「ヨガのダウンドックのポーズで英語を学ぼう」の動画の学習の仕方

ここでは「ヨガのダウンドックのポーズで英語を学ぼう」の動画の学習の仕方について解説します。

  • 毎日行うことを習慣してください
  • 健康と英語力が同時にアップできます。
  • 聞こえてくる英語がわかるようになり、動作がスムーズにできるようになりましたら、この動画で毎日シャドーイングする習慣を見つけましょう。
  • 私はお気にいりの英語ネイティブの動画があると毎日その動画をシャドーイングして(おそらく軽く100回以上)完全にできるようになってから次の動画に移ります。

Part 1

最初に動作に関する英語表現を学びます。

Part2

その後に習った英語を聞きながら、ヨガを行ってみましょう。

Part3

確認テストができるように英語が一部穴あきになっています。

(     )の部分を画面を見ながら、言ってみましょう。

(     )の部分のディクテーションを行ってみましょう。

音声を止めて(     ) の英語を入れてインストラクションを言ってみましょう。

最終目標はヨガを行いながらのシャドーイングです。

ヨガを行いながら、聞こえてくる英語と同時に英語を言えるようになるまで何度も行いましょう。

ダウンドックのポーズで英語を学ぼう【ヨガ・ストレッチ・体操を英語で】

ダウンドックはキッズヨガを英語で教えたい方におすすめ

ダウンドックは、キッズヨガにおすすめのポーズです。

私はキッズクラスでは、簡単に「Dog Pose」と呼んでいます。

dog・catなどは、児童英語で一番最初に教える単語ですので、簡単に覚えます。

キッズヨガの英語クラスでは、すべて英語でインストラクション出していますが、動作があるので、ちゃんと子供たちは

キッズヨガ×英語に関しては以下のリンクで学習ください。

ダウンドックの思い出

10年以上前ですが、ハワイに行った際に,ワイキキで無料のヨガの講座に参加しました。

英語でインストラクションを聞きながら,体を動かしていくのですが,それがとても楽しくて楽しくて。

それをきっかけにヨガを本格的にはじめました。

日本に帰国後すぐに、あるヨガのティーチャートレーニングの体験レッスンに参加しました。

そこで、ダウンドックのポーズを長い時間やらされて、それだけでも辛かったのですが、「犬になりましょう」「あなたは犬です」「ワンワンと吠えたくなります」と先生は言い出して、挙句の果てにその先生は「ワン・ワン」と吠えだしたのです。

犬好きの人なら、喜んで一緒に吠えたでしょうが、私は犬がものすごい苦手というよりもものすごく怖くて、長い人生の中、一度も犬を触ったことがありません。

だから本当にそのレッスンはいやでした。

絶対このスクールのティーチャートレーニングは受けないと心に決めてそのスクールを後にしました。

極端な話かもしれませんが、犬を好きな人・犬を嫌いな人、人それぞれなので、ダウンドックのポーズを教えるときは、注意したほうがいいかもしれません。

ダウンドックが入ったシークエンス

しっかりこれらの英語がわかるようになりましたら、ダウンドックが入ったシークエンスに挑戦しましょう。

以下がダウンドックが入ったシークエンスです。

太陽礼拝を英語で行う ヨガ・ストレッチ・体操で英語学習

おわりに

ここではダウンドックの英語について解説しました。

ダウンドックは基礎となるポーズですので、しっかり学んでください。

英語でヨガを学ぶ前に、まずはしっかりヨガを日本語で習いたいという方は、オンラインの無料体験があります。

SOELUではヨガの他、トレーニング・ストレッチ・ボクササイズ・ダンスなどが受け放題です。

レッスンお試しが30日間で110円ですので、気軽に始められます。

もちろん男性も受講できますし、男性の先生もいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました