木のポーズを英語で学ぼう【ヨガで英語学習】集中力を高める!!

「集中力を高める木のポーズ(Tree Pose)」ヨガで英語学習
「集中力を高める木のポーズ(Tree Pose)」ヨガで英語学習

木のポーズってヨガをやったことがない人でも聞いたことがあるのではないでしょうか。

木、すなわちTree Poseです。集中力を高めてくれるポーズです。

サンスクリット語ではヴルクシャーサナといいます。

ヴルクシャは「木」、アーサナは「ポーズ」を表します。

木のポーズは、バランス感覚と全身の体幹を鍛えることができます。

むくみや冷え性の改善、血行促進などの効果もありますので、ぜひ毎日行いましょう。

ここではこの木のポーズを英語で学びましょう。

英語が苦手な方も楽しんで学習できるヨガを取り入れた英語教授法を確立したいと思い、ヨガのインストラクターの資格(全米ヨガアライアンスRYT500)を取得しました(本業は大学の英語教員です)。

「集中力を高める木のポーズ(Tree Pose)」ヨガで英語学習

「集中力を高める木のポーズ」の動画を使って楽しく英語学習を行い、木のポーズとそこで使われている英語を同時に学びます。

木のポーズの説明と効用

木のポーズは英語でTree Pose、サンスクリット語でVrksansana(ヴルクシャーサナ)といいます。

Benefits of the Vrikshasana / Tree Pose (木のポーズの効用)

  1. builds better balance (バランスをよくし)
  2. helps improve concentration(集中力を高め)
  3. makes the legs strong (脚を強くする)

木のポーズのポイント

動画には出てきませんが、Use your core.(お腹を使って)ってこのポーズに限らずよく耳にすると思います。

気功などですと、丹田(下腹部・お臍の下)を引き締める・使う・意識するともいいます。

具体的には丹田を背骨のほうにして、お腹を薄くするという感じです。

木のポーズでは、しっかりとお腹を使わないと倒れてしまいますので、ぜひ、丹田を意識してみてくだしさい。

動画でヨガの木のポーズを英語で学ぼう

ヨガの木のポーズの動画の構成

  • Part 1 最初に動作に関する英語表現を学びます。
  • Part2 その後に習った英語を聞きながら、ヨガを行ってみましょう。
  • Part3 覚えてほしい単語・表現のクイズです。

ヨガの木のポーズの英語のインストラクション

Stand with your feet together.
両足揃えて立って。

Rest your hands on your hips.
手を腰に。

Rest the sole of your left foot against your right leg.
左の足の裏を右の脚に。

Press your palms together in front of your chest.
手の平を合わせて胸の前に。

Press your foot against your thigh and your thigh against your foot.
足と腿はお互いに押しあって。

「集中力を高める木のポーズ」のYouTube動画のPart3の解説

Quiz1 If you feel stable, (     ) your left (     ).

If you feel stable, (      ) your left (        ).

解答は claspとankleです。

If you feel stable, clasp your left ankle.
もし安定しているのなら,左足首を持って。

clasp

claspは「つかむ・持つ」という動詞ですが、その他、grab, graspなど、いろいろあります。

正確にいえば、ニュアンスは異なりますが、英語ネイティブはあまり区別せず(考えず)使っているような気がします。

ankle

ankle 「足首」です。

Quiz 2 Rest the (     ) of your left foot (     ) your right leg.

Quiz 2 Rest the (   ) of your left foot (    ) your right leg.

解答はsoleとagainstです。

Rest the sole of your left foot against your right leg.
左の足の裏を右の脚に。

sole

足の裏は「sole」です。

足の甲は「instep」です。

against

againstというと「反対して・抵抗して」という意味ですから、お互いに反抗しあって、押し合ってというイメージがあります。

Rest the sole of your left foot against your right leg.

これは、左足の裏と右脚が互いに押し合ってという感じで、againstが入ります。

これも同じ理由でagainstが使われています。

Press your foot againstyour thigh and your thigh againstyour foot.
足と腿はお互いに押しあって。

againstはTOEICの写真問題で、「立てかけて・もたれて」でよく出題されます。

set a ladder against the wall.
壁にはしごを立てかける。

Quiz 3 (     ) your hips.

Quiz 3  (          ) your hips.

解答はsquareです。

Square your hips.と言われたら,「お尻を正方形にして?????」となるのではないかと思いますが,「平行にする」という意味になります。

Square your hips.
お尻(骨盤)を平行にして(骨盤の左右の高さを合わせて)。

Quiz 4 (     ) at one point.

Quiz 4   (            ) at one point.

解答はstareです。

Stare at one point.
1点を見つめて。

stareは「じーと見つめる」という意味です。

見るの動詞を簡単にまとめました。

①look

止まっているものを見る時に使います。

②see

意図的ではなく、自然に見えるものや勝手に見えるものに使います。

③watch

動いているものを注意深く見るときに使います。

だから、TVやスポーツ観戦などはwatchですね。

④stare

じーとみる凝視する

⑤glance

チラッと見る

だから今回の解答はstareがぴったりなのです。

Quiz 5 Lift your arms (     ) your head, (     ) your hands(     ). 

Quiz 5   Lift your arms (   ) your head, (         ) your hands (         ).

解答はabove とwithとtogetherです。

Lift your arms above your head, with your hands together
手を合わせたまま腕を頭上に。

above

両方とも「上に」意味ですが、onとaboveの違い

onは接触している場合のみ使えます。

付帯状況のwith

有名な付帯状況のwithです。結構よく普通に使われますので、この言い方慣れておきましょう。

簡単にいうと

with+名詞+名詞の状況を表すもの何でも

「名詞の状況を表すもの何でも」には名詞、形容詞、副詞、ing形など何でも来ます。

名詞が「名詞の状況を表すもの何でも」の状態で、という意味ですので、

with your hands together.

こちらは「手を合わせた状態で」ということになります。

おわりに

ここでは木のポーズを英語で解説しました。

ヨガをもっと本格的に英語で学びたい方は、単語・動画・本・スクールなどの情報を1つにまとめた英語でヨガを学ぶ・英語でヨガを教えるための完全ガイドを参考にしてください。

木のポーズは、どなたでもできますので、ぜひ、毎日の習慣にしてください。

特に、お子さんのいらっしゃる方は、ここで覚えた英語表現を使って、お子さんと一緒に木のポーズを英語で行ってみましょう。

私は子ども対象の英語ヨガのレッスンで毎回Tree Poseをやっていますが、子どもたちはTree Poseといって、喜んで行っていますよ。

branch・leaf・ trunkなども同時に教えますが、幼稚園児でも無理なく覚えています。

子どもにヨガや英語を教えることにご興味のある方はこちらも一読ください。

英語でヨガのレッスンを受けたい方は、YOGATIVEをおすすめします。

英語でヨガを教えられる先生が何人かいらっしゃります。

詳しくは英語でヨガが学べるYOGATIVE、または以下の公式サイトを参考にしてください。

50分間の無料体験も可

英語でヨガのレッスンを受けたい方は、YOGATIVEをおすすめします。

英語でヨガを教えられる先生が何人かいらっしゃります。

詳しくは英語でヨガが学べるYOGATIVE、または以下の公式サイトを参考にしてください。

50分間の無料体験も可

YOGATIVE公式ページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました