ヨガの猫のポーズ・牛のポーズを英語で学ぼう!肩こり・肩甲骨に効く 

猫と牛のポーズ
猫と牛のポーズ

猫ポーズ・牛のポーズはヨガでとても有名なポーズです。

英語ではcat and cowといいます。

サンスクリット語で、猫のポーズはマルジャリアーサナ、牛のポーズはビティラーサナといいます。

子どもに英語でヨガを教えていると、最初に教えるのが、この猫・牛のポーズとダウンドック木のポーズです。

背骨をまんべんなく動かすことができるポーズで、こわばった背骨をゆるめてくれます。

さらに、肩甲骨の周辺を柔軟に動かすことができるため、肩こり解消にも効果的です。

ここでは、猫・牛のポーズについて学び、同時に簡単な英語で猫・牛のポーズを学習してます。

猫・牛のポーズを学びながら英語力も伸ばしていきましょう。

自己紹介
ヨガを英語教育に取り入れてTPRの教授法を確立したいと思い、ヨガのインストラクターの資格(全米ヨガアライアンスRYT500)を取得し、ヨガのインストラクターになりました。(本業は大学の英語教員です)

猫のポーズ・牛のポーズとは

猫のポーズは英語ではもちろんcat poseです。

サンスクリット語でマルジャリアーサナといいます。

cat pose
cat and cow round

牛のポーズは英語ではもちろんそのままcow poseです。

サンスクリット語でビティラーサナといいます。

cow pose

英語では、両方合わせて、Cat and Cow(キャット・アンド・カウ、あるいはキャット・カウ)と呼ばれています。

猫のポーズ・牛のポーズの効用

背骨や肩甲骨の周辺を柔軟に動かすことができるため、肩甲骨まわりのこわばった筋肉がほぐれ、肩こり解消に効果的です。

英語では以下の2つの表現と単語を覚えましょう。

  • improves flexibility in the spine. 
  • 背骨の柔軟性を改善する。
  • releases tension in the back and neck.
  • 背中や首の緊張を和らげる
improve改善する
flexibility柔軟性
spine背骨
release解放する・和らげる
tension緊張

注意すべき英単語 arch とroundの違い 

今回の猫・牛のポーズで、絶対覚えておいてほしい英単語は、archとroundです。

どちらも猫と牛のポーズでは必須の単語です。

猫のポーズ round 

cat pose
cat and cow round

牛のポーズ arch

cow pose


ところが、英語母語話者がこの区別をしっかり理解しているかというとそうでもないようで、ハワイのヨガスタジオでインストラクター数人と雑談していたときに、このarchとroundについて話題になったことがありました。

そのとき、あるインストラクター(完全な英語ネイティブです)が、他の人とまったく逆のことをいいはじめたのです。

結局その方は長年逆に指導していて、間違いにその時までまったく気がつかなかったそうです。

猫と牛のポーズで覚えておきたい英単語

以下は、その他の猫と牛のポーズで覚えておきたい英単語です。

inhale              吸う
bellyおなか
liftあげる
tailbone尾骨
exhale    吐く
spine         背骨
tuck押し込む・入れ込む

猫と牛のポーズで覚えておきたい英語フレーズ 

猫のポーズ

Exhale. Round your spine up towards the ceiling.
吐いて。背骨を天井方向に丸めて。

Tuck your chin towards your chest, and let your neck release.
顎を胸のほうに。首はリラックスして。

牛のポーズ

Inhale. Arch your back and let your belly down.
吸って。背中をそらして。お腹を下のほうに。

Lift your head and tailbone up towards the sky.
頭とお尻の先端(尾骨)を上に。

猫と牛のポーズの動画の学習の仕方

動画で学習する前に一言

ヨガを英語で学びたい方・教えたい方はどのように学習したらいいか困っている方も多いかと思います。

かつての私もそうでした。

英語でヨガを教えている・バイリンガルレッスンを行っているヨガスタジオにいくつか行きました。

ところが、そのほとんどが、英語と日本語の両方のインストラクションを出しているところばかりでした。

英語教育という観点からみると、英語を日本語に訳す古典的な訳読法は英語習得にあまり効果的ではないのです。

英語を日本語に訳しながら、英語と日本語の両方のインストラクションを出すことはまさしく訳読法と同じです。

だから、私の英語のヨガレッスンで、時々日本人の方から「日本語に訳しながらレッスンを行ってください」というリクエストがあるのですが、いつもお断りしています。

ヨガを英語で学ぶということは体で英語を習得することです

英語と動作をコネクトしながら学べる絶好のチャンスなのに、そこに日本語を介在させたくないのです。

だからこの動画を学習する際にも、最初にPart1の日本語の説明を読んでしっかり納得した後に、英語のみを聞きながらヨガを行ってください。

日本語解説付きの動画

 日本語解説付きの動画です。

猫と牛のポーズ で英語を学ぼう【ヨガ・ストレッチ・体操を英語で】

Part 1 最初に動作に関する英語表現を学びます。Part1でしっかりヨガの英語の表現を学びましょう。

Part2 その後に習った英語を聞きながら、ヨガを行ってみましょう。

英語のみの動画

英語のみの動画です。日本語解説付きの動画で大体の英語がわかるようになったら、毎日こちらの動画でヨガを行いましょう。

特に、英語で英語を上達させたい方、また、英語でヨガを教えたい方はこの動画で毎日シャドーイングする習慣を見つけましょう。

私はお気にいりの英語ネイティブの動画があると毎日その動画をシャドーイングして(おそらく軽く100回以上)完全にできるようになってから次の動画に移ります。

Cat and Cow Pose 【Learning English Through YOGA 】

猫と牛のポーズが入ったシークエンスに挑戦

これらが完全にわかるようになりましたら、猫と牛のポーズが入ったおすすめに挑戦しましょう。

以下のリンクで猫と牛のポーズが入ったシークエンスが学べます。

肩こり・背中こり解消のためのポーズ4選【ヨガ×英語】運動不足解消のために!

また、以下の動画にも猫と牛のポーズが入っています。

英語朝ヨガ「英語でYOGA! 」Morning YOGA

猫と牛のポーズはキッズヨガを英語で教えたい方におすすめ

猫・牛のポーズは、キッズヨガにおすすめのポーズです。

Inhale. Arch your back.
吸って。背中をそらして。

Exhale. Round your back.
吐いて。背中丸めて。

と毎回「キッズ英語ヨガクラス」で行っていますが、幼稚園児もしっかり理解して行っています。

キッズヨガ×英語に関しては以下のリンクで学習ください。

おわりに

ここでは猫と牛のポーズの英語を解説しました。

特に、archとroundの違いをしっかりと理解してください。

ところで、ヨガがよくわからないので、とりあえず日本語でヨガを体験してみたいという方もいらっしゃるかと思います。

そのような方はヨガのオンラインレッスンの無料体験をおすすめします。

YOGATIVEは50分のパーソナルヨガのレッスンが無料で1回受講できます。

無料体験お申込みは以下をclick。

タイトルとURLをコピーしました