英語でヨガが学べるおすすめYouTube動画10選!クンダリーニヨガや陰ヨガも紹介

英語でヨガが学べるおすすめ動画

「英語でヨガが学べるYouTube動画ってどれがいいのかな」と検索して探している方も多くいらっしゃると思います。

上位に出てくる動画はだいたい決まっていますが、それらが必ずしも日本人が英語を学ぶのにいいというわけではありません。

私は、日本語のヨガのYouTube動画はほとんど視聴したことがないのですが、英語のヨガのYouTube動画を3年間ほぼ毎日視聴していましたのでかなり詳しいです。

そんな私が英語のヨガのYouTube動画をご紹介します。

かなりマニアックで、私個人の好みががっちり入った選択でメリット・デメリットも正直に書きました。

日本ではほとんど知られていない動画もあると思いますので、ぜひ参考にしてください。

また、最後にこれらの動画で学習する際の注意点についてもお話します。

自己紹介

ヨガを英語教育に取り入れたTPRの教授法を確立したいと思い、ヨガのインストラクターの資格である全米ヨガアライアンスRYT500をアメリカで取得し、ヨガのインストラクターになりました。(本業は大学の英語の教員です)

ヨガで英語学習(英語ブートキャンプ)

TOEIC800以下の方は、まずはこちらの動画でヨガで使われる英語表現を学習してください。

ヨガで英語学習の再生リストには30本以上のヨガを英語で学べる動画があります。

メリット

英語学習用に作られているため、日本語の単語の解説も入っており、クイズも入っている動画もあるので、日本人が英語でヨガを学ぶ最初の動画としてはベストです。

デメリット

ヨガ専用のチャンネルではないため、いきなり論文の書き方とか、英語で茶道・折り紙・和菓子・ポルトガル語学習動画が更新されて驚く方がいらっしゃるかもしれません。(ヨガ関係の動画は月に1~2回は必ず更新します)

Boho Beautiful Yoga

メリット

こちらは日本の若いヨギーの方に大人気で、私もはじめのうちはこちらの動画を利用していました。yogaと検索すると上位に出てきますよね。とても綺麗な方で、いろいろなところで撮影されているので、背景の景色・映像も綺麗です。

デメリット

10歳のときにウクライナからカナダに移住した方なので、お気づきの方もいると思いますが、英語に特有のアクセントがあり、英語母語話者とはいえないので、正しい英語表現が学べないのが残念です。また、すごく体の柔らかい方なので、ポーズが参考にならないこともあります。そんなこともあり、最初のうちはかなり参考にさせていだきましたが、最近はほとんど視聴していません。

Yoga With Adriene 

メリット

こちらも日本人に大人気で、yogaと検索すると上位に出てくる動画です。完全な英語のネイティブの方なので、英語を安心して聞けます。リスニング用としておすすめです。

デメリット

動画の中で早口でたくさん話すので、インストラクションをそのまま真似したい方には不向きです。リスニングの勉強用にはいいかもしれません。英語とはあまり関係ありませんが、おしゃべりが多いため、私はこちらの動画では深い瞑想状態に入っていけません。そのため最近はほとんど視聴していません。

SarahBethYoga

メリット

私はこの方のインストラクションが好きで、よく見ています。非常にシンプルなインストラクションで、英語のインストラクションを真似するには、一番かと思います。

デメリット

フローやヴィンヤサが好きな人にはいいですが、陰ヨガなどゆったりしたものが好きな人には向かないです。

Yoqi Yoga and Qigong

メリット

YouTube動画で一番好きなのは、この方です。陰ヨガでしかも、気功を取り入れているので、私のバックグランドにぴったりで、英語のヨガのレッスンの際に一番参考にしている動画です。どのポーズがどの経絡にいいかなども学べます。

デメリット

私はヨガがやりたい、気功には興味ないという方は視聴しないほうがいいです。

Spirit Voyage

メリット

私はクンダリーニヨガが大好きで、最近は自分で個人的にやるのはクンダリーニヨガが多いです。クンダリーニヨガをやりたい方にはぴったりの動画です。

デメリット

クンダリーニヨガに興味のない方は他の動画をおすすめします。

Shy Sayar先生

メリット

Shy Sayarは私のRYT500の先生でした。ポーズのアライメント・解剖学系の講義が素晴らしかったです。ハワイでも、特に、インストラクターに人気の先生です。

デメリット

動画の声もですが、実際のレッスンも声がとても小さいのでちょっと聞き取りにくいです。英語の練習にはなりませんね。

Bernie Clark先生

メリット

日本だと陰ヨガといえばサラパワーズ先生が有名ですが、私はなぜだかこの先生の陰ヨガが一番好きです。外国人にヨガを教える場合は Bernie Clark先生 のインストラクションを参考にしてレッスンを行っています。

デメリット

動画の音声がかなり悪いので、こちらで練習するのは難しいので、この先生の有料の動画を毎日利用しています。

Yoginimelbourne

メリット

英語学習は抜きにして、ものすごく肩こり関係に聞く動画です。特別有名な方ではないのですが、とにかくこの肩こりの動画だけものすごい再生回数で675万回。すごい人気なのがわかります。本当に肩こりに効きますよ。飛行機でよくこれらのポーズやっています。

デメリット

この動画以外は正直いっていまいちで、他の動画は一切見ていません。そのように感じている方も多いようで、他の動画とこちらの動画の再生回数が桁違いの差として表れています。

YOGATX

メリット

上記の動画のYoginimelbourne と同様に、英語学習は抜きにして、とにかく肩こりに効く動画です。こちらも特別有名な方ではないのですが、肩こりの動画がいくつかあるので、一時期とてもはまり、肩がこるとこの方(Coleさん) の肩こり関係の動画を探してやりまくっていました。おそらく Coleさんも肩こりにものすごく悩まされている方なのかもしれません。本当に気持ちよさそうに行います。

デメリット

肩こり以外の動画はあまりよく見ていないので、なんとも言えないのですが、そんなに心惹かれるものがなさそうです。(かなりの独断と偏見)

英語のヨガの動画を使った学習方法と注意点

これらの動画を行っていると、必ずわからない単語が出てくると思います。わからない単語があると気になって気になってしょうがないですよね。

そういったわからない単語をいろいろ調べ、人に聞いたりしていくうちに、英語力が高まっていきます。

私はわからない単語があったとき、いろいろなネイティブに動画を見せて、「なんて言っているの」「どういう意味なの」と聞きまくりました。

ところが、英語ネイティブに見せても「わからない」「しらない」という答えが結構返ってきて、はじめのうちは、心の中で「ネイティブスピーカーなのになんでわからないのか」と思っておりました。

ところが、だんだん悟ってきたのが、ヨガの表現ってかなり特殊で、ヨガをやらない人にはわからないものも結構あるということです。

そこで、もし、英語のネイティブスピーカにヨガの英語表現に関して質問するなら、ヨガを趣味にしている方に聞くべきです。

もし、そういった方が近くにいないなら、プロフィールをみて、先生を選べるオンライン英会話(DMM英会話・NativeCamp)がありますので、そういったところを利用されたらいいかと思います。

講師の検索画面にyogaと入れるとヨガを趣味とするあるいは、ヨガを教えている講師の一覧が出来てきます。

詳しい検索の仕方・具体的なレッスンの受け方・フリートークの英語フレーズの例など詳しい詳細ヨガの英会話をマンツーマンで学べるオンライン英会話スクール!をご覧ください。

極端な話、DMM英会話は無料体験を2回、NativeCampは無料体験を1週間受けられるので、わからないところをリスト化しておいて、それらを動画と一緒に見せながら。無料体験中にヨガを趣味としている先生に集中的に聞いてしまうという手もありますね。

DMM英会話の公式サイト2回無料体験できます】

DMM英会話公式サイト

ネイティブキャンプ公式サイト【1週間の無料体験ができます】

オンライン英会話ネイティブキャンプ

また、ヨガと英語ができる日本人のインストラクターに聞くのもいいと思います。

おすすめなのは、オンラインパーソナルヨガが受けられる YOGATIVE(ヨガティブ)です。

YOGATIVE(ヨガティブ) には英語でヨガを教えられる先生が何人かいらっしゃります。

たとえば、 NiNA先生はヨガ全米アライアンスRYT200の資格を持ち、TOEICは 925点でイギリスに留学された経験のある方です。

オンラインパーソナルヨガなので、1対1で完全にパーソナルなレッスンが受けられますので、レッスンのときに、いろいろ質問することができます。

YOGATIVE(ヨガティブ)についての詳細はオンラインパーソナルヨガ【YOGATIVE】のメリット・デメリット英語でヨガが学べるオンラインスクール、または以下の公式ページをご覧ください。

50分間の無料体験も可

YOGATIVE公式ページ

おわりに

ここでは英語でヨガが学べるおすすめYouTube動画と英語のヨガの動画を使った学習方法と注意点についてお話しました。これらを活用して英語でヨガを楽しく学習してください。

また、英語でヨガを本格的に学びたい方は、本ブログの英語でヨガを学ぶ・英語でヨガを教えるための完全ガイドを参考にしてください。

ヨガを英語で学ぶための単語(動詞・体の単語)・教材(動画・本)や調べた情報(スクール)・子どもにヨガを英語で教える方法などをヨガと英語に関する情報を1つにまとめました。

また、本ブログでは以下のようなポーズを英語と日本語で解説しています。

立ちポーズで英語を学ぶ

座位のポーズで英語を学ぶ

四つん這い・膝立ちのヨガのポーズで英語を学ぶ

「英語でYOGA!」もお勧めします。付属動画が無料で視聴できます。

created by Rinker
ベレ出版
¥1,870(2021/10/20 05:10:27時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました