子どもに英語でヨガを教える方法!TPR(全身反応教授法)

子どもに英語でヨガを教える方法

  • 子どもに英語を教えているけど何か面白いアクティビティはないかな。
  • ヨガのクラスに簡単な英語を取り入れてみたい。
  • 英語とヨガが得意なので、子どもに教えてみたい。

ここでは、このような方のために、子どもに英語でヨガを教えるコツというものをお話します。

私の研究の専門は児童英語教育で、10年以上数校の大学で児童英語教師養成講座で教えてきました。

また、全米アライアンスRYT500というヨガのインストラクターの資格を持っています。

そのようなことから、海外(ハワイ)で研究のために、キッズヨガのクラスを見学したことがあります。

そこでは、読み聞かせあり、歌あり、手遊びありで、まるで日本の「子ども英語」のレッスンのようでした。

それをみて、【子ども英語クラス】にヨガを、【子どもヨガクラス】に英語を取り入れることは十分可能だと思いました。

実は【子ども英語クラス】と【子どもヨガクラス】はとても相性がいいのです。

これらの詳細は子どもに英語でヨガを教えるインストラクターになる方法を参考にしてください。

また、体を動かしながら英語を学ぶ教授法をTPR(全身反応教授法)といいますが、ヨガを英語で教えるということは言葉を変えれば、TPRであるといえます。

ここでは、【子ども英語ヨガクラス】にどのようにTPRを取り入れ、どのように英語クラスでよく行うアクティビティをヨガのクラスにどのように取り入れることができるかを解説します。

自己紹介

ヨガを英語教育に取り入れてTPRの教授法を確立したいと思い、ヨガのインストラクターの資格(全米ヨガアライアンスRYT500)を取得し、ヨガのインストラクターになりました。(本業は大学の教員です)

【子ども英語ヨガクラス】の教授法の基本はTPR

こどものダウンドックのポーズ

子どもは体を動かすことが大好きです。

だから【子ども英語クラス】でも体を動かす活動をたくさん入れます。

体を動かしながら英語を学ぶ教授法をTPR(Total Physical Response Approach:全身反応教授法)といいます。

TPRとは、教師が英語で指示を出し、その指示に即座に応じて全身で反応するという教授法です。

児童英語ではよく行われています。 

TPRは1960年代に,アメリカの心理学者James J. Asherが提唱しました。

幼児が母国語を習得する過程を応用したもので,命令を聞いたらすぐにそれを動作で反応させる方法です。

つまり,言葉と動作を結びつけることによって,日本語を介すことなく言葉を直接体感して理解するというものです。

そう考えるとヨガを英語で教えるということは、まさしくTPRになります。

TPRのもっと詳しい説明は他サイトになりますが、TPR(全身反応教授法)は子どものための教授法!を参考にしてください。

すでに、【子ども英語クラス】や【子どもヨガクラス】で教えている方は、TPRの活動をそれぞれのクラスで取り入れてみましょう。

体の部位や動作に関する英語フレーズ

体の部位と動作動詞を教えるのに適切な教授法がTPRです。

touchを使った活動

レッスンのはじめにtouchを使った英語フレーズを使って毎回体の部位の単語を増やしていきましょう。

あごを触って。  
Touch your chin.

まつ毛を触って。
Touch your eyelash.

眉毛を触って。
Touch your eyebrow.

額を触って。
Touch your forehead.

肘を触って。
Touch your elbow.

ひざを触って。
Touch your knee.

足首を触って。
Touch your ankle.

lookを使った活動


これも毎回取り入れています。ただ、子どもたちはすぐに覚えてしまいますが。。

右を見て。    
Look right.

左を見て。
Look left.

上を見て。 
Look up.

後ろを見て。
Look back.

下を見て。
Look down.

その他よく使うフレーズ

その他こんなフレーズも最初に確認します。

ひざを曲げて。
Bend your knees.

左足をあげて。
Lift your left leg.

片足で立って。
Stand on one leg.

手や足の英単語に関しては手足・手足の指の英単語をしっかり覚えよう!をご覧ください。

サイモンセズのゲームで毎回Warm up

TPRを使った代表的なゲームであるサイモンセズのゲームを上記の単語やフレーズを使ってWarm Upとして毎回行いましょう。

サイモンセズのやり方

動作を示す命令文の前に「Simon Says」という言葉をつけたときのみ、生徒はその動作を行い、命令文だけすなわち「Simon Says」を言わない場合はその動作を行いません。

つまり、

 Simon says touch your forehead. といったときは、おでこを触ります。

Touch your nose. といったときは触ってはだめというゲームです。

サイモンセズについての詳細はSimon Saysをやってみようをご覧ください。

フラッシュカードを使ったTPR活動

フラッシュカードを見せて、英語でいってもらい、その後にそのポーズをやらせます。

見せるときに、一部だけ見せたりするなど工夫しながら、ゲームのような感じでやるといいと思います。

フラッシュカードは作成することができますので、以下を参考にしてください。

手順

イラストをダウンロード

無料でダウンロードできる版権フリーのサイトから、イラストをダウンロードしてください。

無料イラストなら【イラストAC】

カラーでプリントアウト

それをカラーでプリントアウトしてください。

すべてA4でプリントアウトしたほうが後で扱いやすいです。

ラミネート加工

ラミネート加工しましょう。

ラミネーターは子どもに英語を教えるうえでこれは絶対必需品です。

A4のみのでしたら、3000円以下で購入できます。

私はこちらを使っています。

A4のみなら、3000円以下で買えます。

ラミネートフィルムも100枚で2000円以下です。

なお、ヨガのクラスでどのようにフラッシュカードの作成方法や活動などももっと詳しく知りたい方は以下のリンクを参考にしてください。

おわりに

ここでは、どのように子どもに英語でヨガを教えるべきかについてTPRの観点から解説してきました。

海外の子どもヨガのクラスは子どもの英語のレッスンととても似通っています。

子ども英語の先生方、TPRの一環として、ヨガをご自分のレッスンに取り入れてみてください。

子ども英語の先生で、キッズヨガの資格取得を考えている方はベビーヨガ・キッズヨガの資格が取得できる日本ハッピーライフ協会を参考にしてください。

キッズヨガの先生方で英語が好きな方は、ご自身のレッスンに英語をちょっとずつと取り入れてみましょう。

また、児童英語にご興味のある方は「小学校での英語」を一読ください。

「小学校での英語」はamazonのキンドルのunlimitedで無料で読めます。

「小学校での英語」はこちらから

また、ヨガでよく使う動作動詞の学習に関しては「英語でYOGA!」をご利用ください。

created by Rinker
ベレ出版
¥1,870(2021/08/04 00:53:51時点 Amazon調べ-詳細)

参考記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました