ヨガのインストラクターになるにはどの資格を取得すべき?どこのスクールに通うべき?

ヨガの資格について

ヨガが大好きなので、将来はヨガインストラクターになりたいと思われている方の中には、「ヨガのインストラクターになるにはどのようなヨガの資格を取得すべきなの?」「どこのスクールに通うべきなの?」という疑問を持たれているかも多いかと思います。

ここではそのような疑問にタイプ別に分けてお答えしていきます。

ヨガの資格といってもいろいろあり、大きくわけると全米ヨガアライアンスRYTとそれ以外になります。

ここでは、特に、どのような方が全米ヨガアライアンスRYTを取得すべきなのか、それ以外の資格はどのような方に適しているのかなどをタイプ別に解説し、それらの資格が取れるスクールを紹介します。

私自身は日本とアメリカで全米アライアンスRYTの200と500を取得し、その過程でヨガの資格に関するかなりのリサーチを行いました。(本業が研究者なので、リサーチは得意分野です)

簡単に結論をいいますと

本気でヨガインストラクターになりたい方や海外で教えたい方なら、ぜひ全米ヨガアライアンスRYTを取得しましょう。

副業で趣味として公民館などでちょっとヨガを教えてみたいとお考えなら、費用対効果を考慮すると全米ヨガアライアンスRYT以外の資格も一つの選択肢だと思います。

これらを詳しく解説しながら、あわせておすすめのスクールも紹介します。

ヨガのインストラクターの資格【全米ヨガアライアンスRYT】

最初に全米ヨガアライアンスRYTについて説明します。

全米アライアンスは全世界共通で世界的に知られているヨガのインストラクターの資格です。

全米ヨガアライアンスRYTの公式ページはこちら

RYTには200と500というのがあります。

この200や500というのは時間のことです。

つまりRYT200というのは、200時間指導者としての訓練を受けたよという証拠になります。

RYT500というのは、RYT200を取得した後に、プラスして300時間の訓練を受けて、足して500時間の訓練を受けたよという証拠です。

全米ヨガアライアンスRYT200を取得すべき方

では、どのような方に、全米ヨガアライアンスRYT200をおすすめかといいますと

専業のヨガインストラクターとしてフリーランスとしてやっていきたい方

海外で教えたい方

には、全米ヨガアライアンスRYTの200をお勧めします。

専業のヨガインストラクターとしてフリーランスとしてやっていきたい方

専業のフリーランスの方は、スタジオに採用される場合、オーディションを受けることがあると思いますので、そのときに、RYT200を持っていれば、採用されるということではないですが、必要最小限の条件のようなものです。

また、全米アライアンスRYTの認定校になるには、審査もありますので、そのスクールもかなりきちんとした内容の授業を行っています。

本気でヨガインストラクターになりたい方は、RYTを取得されるべきだと思います。

海外で教えたい方

また、今後転勤で海外に行くことになった場合でも、こちらの資格を示すことで、教えることができます。

私は海外で全米ヨガアライアンスRYTの資格を示して、現地で教えたことがあります。

おそらくこの資格がなかったら、門前払いだったと思います。

ヨガの資格取得を考えていらっしゃるなら、断然RYT200を取られることをお勧めします。

ところが、20年以上前に気功のインストラクターの資格を取得して、ポルトガルで教えようと思ったことがあったのですが、案の定門前払いです。

その資格の証明書はすべて日本語なので、何を書いてあるかわからないし、団体のことも調べられないということでした。

そんなことから、海外で教えたい方は、やはり広く知られている全米ヨガアライアンスRYT一択でしょう。

全米ヨガアライアンスRYT200が取得できるスクール

全米ヨガアライアンスRYT200が取れるスクールを以下でいくつか簡単にご紹介します。

アンダーザライト

ヨガのインストラクター養成の老舗のアンダーザライトです。

本気でヨガの道を極めたい、最高のインストラクターになりたいという方はここが一番です。

ヨガのレッスン・インストラクターの質はここが一番です。

ただ、かなり厳しいですので、それなりの覚悟が必要です。

カラダメンテ養成スクール

最短1ヶ月で資格を取得できる。

週末のみの短期集中コースあり。

試験に合格するまでの間、申込コースを何度でも受講可能

インターンとして、卒業後すぐに報酬を得ながら教えることができる。(履歴になるし、お金になるので、これはいいですね)。

ララアーシャ池袋

週一回の授業でプライベートと両立可能できます。

卒業後はララアーシャでレッスンを担当出来き、オーディション合格者のみですが、合格率80%以上といことです。

YMCヨガインストラクター養成コース

オンラインのみでRYT200が取れる貴重なスクールです。

ZOOMを使用したオンタイムでの講義や、動画視聴により、最短2か月でRYT200を取得できます。

コロナ禍であればこそのコースで、通うのは難しいけれどもオンラインならという方はここを一番おすすめします。

おそらくコロナ禍の間のみなので、検討されている方は急いで申し込んだほうがいいです。

FIRSTSHIP

FIRSTSHIPは大手のホットヨガスタジオLAVAの付属のインストラクター養成学校です。

こちらも今オンラインでRYT200が取得できます。

アミーダヨガアカデミー

ホットヨガスタジオのアミーダの養成スクールです。

アミーダについてはこちらを参考に。

・1ヶ月の短期集中で資格が取れる。
・宿泊施設があり、全室個室で、かつ宿泊費は無料。

ということなので、短期間で、資格を取得したい独身の方などにおすすめです。

ヨガワークス(YogaWorks)

こちらはヨガワークス(YogaWorks)の養成講座です。

ヨガワークスはアメリカでも有名な老舗のヨガスクールで、養成講座の内容もかなり本格的です。

YOGA Studio&School リラヨガ・インスティテュート

ここのスクールの特徴は3段階ステップアップ方式で無理なくRYT200が取得できるということです。

日本を代表するヨガインストラクターの一人である乳井真介先生が直接指導します。

その他のヨガのインストラクターの資格

それ以外にもいろいろなヨガのインストラクターの資格があります。

各ヨガスクールだったり、各団体だったり。。

ヨガのインストラクターの紹介の履歴を見ると、たくさんの資格を書いていらっしゃる方がいますよね。

そういうのを見ると、いろいろなヨガを学ばれており、とても熱心なヨガのインストラクターさんなんだなと思うと思います。

だから、こういった各団体が発行している資格が役に立たないというわけでは決してありません。

そもそも全米ヨガアライアンスRYTも国家資格のような公的な資格ではありませんから。

その他のヨガのインストラクターの資格を取得すべき方

では、どういった方に全米ヨガアライアンスRYT以外の資格がおすすめかといいますと

なるべく安く早くヨガのインストラクターの資格を取りたい方

すでにRYTを持っていてプラスアルファの資格が欲しい方

公民館やカルチャーセンターなどで教えたい方

元ダンス部や元体操部などの方

です。

なるべく安く早くヨガのインストラクターの資格を取りたい方

全米ヨガアライアンスRYTは受講料も40~50万円近くするところが多く、また、学習期間も200時間です。

一方、それ以外のヨガの資格は、10万円以下のところが多いです。

期間もそれぞれですが、もっと短期間にとれるところが多いです。

すでにRYTを持っていてプラスアルファの資格が欲しい方

全米ヨガアライアンスRYT200を取得している方はかなり大勢いるため、それだけでは差別化できません。

先ほどもいいましたように、多くのインストラクターさんが、多くの資格を列挙しているのをみると思います。

今からの時代は、RYT200のみだけでなく、空中ヨガ、ベビーヨガやキッズヨガなどの資格をとって、差別化するなどの戦略が必要でしょう。

公民館やカルチャーセンターなどで教えたい方

RYTを取得するためにかかる費用はかなり高額です。

公民館やカルチャーセンターで週1回教えたいからといってRYT200を取得しても、何年かかっても赤字のままだと思います。

また、公民館やカルチャーセンターなどで教える場合は、習いに来る方もRYTとその他のヨガの資格の違いなどほとんどわからない方が多いと思いますので、あえて時間と費用のかかるRYTを取得されなくてもいいのではないかと思います。

元ダンス部や元体操部などの方

ヨガの場合、運動に疎遠な方が何百時間訓練しようとも、プロのダンサーや元体操部からヨガのインストラクターになられた方には、追いつけないですし、そのようなダンスなどの素養がある方は、インストラクターの養成訓練を受ける前からすでにほとんどのポーズができます。

実際にそのような方は養成講座の先生よりも綺麗にポーズをとれることもあります。

だから、そんな素地のある方は、お金や時間のかかるRYTを取得しなくても、ある程度基礎がしっかり入れば、すぐに教えられるようになります。

実際に、RYT200の資格を持っていない元ダンス部の方で、ヨガのインストラクターとして成功している方を何人か知っています。

ヨガについて系統立てて学習する必要はありますので、RYTでなくても何らかのヨガの資格は取るべきだと思います。

ただし、元ダンス部・元体操部の方で、本気で専業のヨガのインストラクターを目指すのでしたら、RYTを取得すべきです。

その他のヨガのインストラクターの資格を発行しているスクール

ではここからは、ヨガのインストラクターの資格を発行しているスクールについてご紹介します。

一般社団法人日本ハッピーライフ協会(JAHA)

【JAHA認定】ベビーヨガ&ママヨガインストラクター

こちらはベビーヨガ関係の資格が取得できます。

こんな資格と英語を掛け合わせて、ベビー英語ヨガもいいですね。

【JAHA認定】美しい姿勢作り『リトル&キッズヨガインストラクター』資格通学養成講座

同じところでキッズヨガの養成講座です。

JYIA日本ヨガインストラクター協会 

こちらは、JYIA日本ヨガインストラクター協会の資格になります。

最短2週間で資格取得が可能です。

また、キッズ、シニア、ピラティス、マタニティ、解剖学に特化した資格も取得できます。

JYIA日本ヨガインストラクター協会 資料請求・体験予約・コース入会

SARAスクール

こちらは女性専門の通信教育で、いろいろな講座があり、最近人気になっています。

こちらにもヨガインストラクターの講座があり、テキストを見てみましたが、ちゃんとした内容でした。

日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)のヨガライフセラピスト資格
日本インストラクター技術協会(JIA)のヨガインストラクターjp資格

の2つの資格が取れます。

また、ここが面白いのは、アーユルヴェーダの資格もあります。

日本エアリアルヨガ協会

こちらは空中ヨガ(エアリアルヨガ)のインストラクターの資格が取れるスクールです。

ハンモックのようなものにのってヨガを行うものです。

番外編(いきなり大手ヨガスタジオに就職)

スクールではないですが、教えた経験がない方でもインストラクターとして採用してくれるところもありますので、まずこういったところに就職して頑張ってみるのもいいかと思います。

特に、体育大学出身とか、ダンス部や体操部出身の方などにはおすすめです。

LAVA

働きながらもちろん無料でヨガの研修が受けられ、場合によってはRYT200も取得可能です。

まとめ

ここではヨガのインストラクターになるためのヨガの資格とそれらを取得できるスクールについて解説しました。

本気でヨガインストラクターになりたい、海外で教えたいとお考えなら、ぜひ全米ヨガアライアンスRYTを取得しましょう。

副業で趣味としてちょっとヨガを教えてみたいとお考えなら、費用対効果を考慮すると全米ヨガアライアンスRYT以外の資格も一つの選択肢だと思います。

ご自分がどのタイプなのかを客観的に判断して、興味のあるスクールの資料請求をしてみましょう。

特に、今はRYT200でもオンラインで受けられるところが多く(通常はそんなことは禁止されていますが、コロナ禍の期間だけ特別に許可されています)、料金も安くなっているところが多いです。またとにチャンスです。

オンラインで全米ヨガアライアンスRYT200を資格取得できるのが以下の6つのスクールです。

FIRSTSHIP 公式ページ

カラダメンテ養成スクール 公式ページ

YMCヨガインストラクター養成 公式ページ

ヨガ資格取得ならアンダーザライト ヨガスクール(週末コース申込受付中)

ヨガワークス 公式サイト

リラヨガ・インスティテュート 公式サイト

詳しくは「オンラインでRYT200のヨガの資格が取れるおすすめスクール6選!」をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました