全米ヨガアライアンスのRYT500(RYT300)のオンラインはいつまで?最安値・費用は?

RYT500をオンラインで

RYT200の資格取得者が急増し、それに伴い、さらに上の資格であるRYT500を目指す方が増えてきました。

特に、新型コロナ感染症のため、全米アライアンスでは今までオンラインで取得することを厳しく禁止していたのですが、オンラインで取得することを認めました。

そのため、今まで近くにRYT500が取得できるスクールがなかった方なども気軽に取得できるようになり、そのことがRYT500取得者の急増に拍車をかけたようです。

私は数年前にRYT500を取得しましたが、RYT200よりも数倍も濃い内容で、専門的な内容、特に、チェアヨガ、リストラティブヨガを本格的に学びました。

アーユルヴェーダや哲学もアメリカの大学院でヨガ哲学などを専攻した先生が講師だったため、かなり深く学ぶことができ、明らかにRYT200で学んだヨガ哲学とは内容が異なり、とても勉強になりました。

ヨガを本格的に極めたい方、教えたい方は、RYT500の取得を強くお勧めします。

ところで、今はコロナの影響ででオンラインでRYT500を取得できるようになり、場所的・時間的・金銭的にRYT500を取得するのが難しかった方にとって絶好のチャンス到来です。

そこでここではRYT500のオンライン受講について詳しく解説します。

簡単にまとめますと、RYT500は無期限で受けられるようになり、RYT500の費用は対面だと70~80万円しますが、オンラインだと半額ちかくなります。

おそらくOREOの40万円がRYT500の最安値でしょう。

詳しくはこちら>>>OREOなら40万円でRYT500が取得できる!

(一部PRあり)

全米ヨガアライアンスRYT500(RYT300)とは?

全米ヨガアライアンスは、アメリカ合衆国に本部を置く非営利団体で、世界で最も知名度が高いヨガ協会の一つです。

90年代に、それまで別々に存在していた2つのヨガ団体が合併して設立されました。

全米アライアンスについての詳細は全米ヨガアライアンスの公式ページヨガインストラクターになるには【RYT200は必要か?】をご覧ください。

全米ヨガアライアンスは、質の高いヨガインストラクターを輩出するために、一定の水準を満たすヨガ資格であるRYT(Registered Yoga Teacher)を制定しています。

RYTは、ヨガインストラクターに必要な知識や技術を備えたヨガ指導者であることを証明する資格で、世界70カ国以上で認められています。

RYTを取得するためには、まずRYS(Registered Yoga School)でヨガインストラクター養成講座を受講する必要があります。

RYSでの養成講座には、RYT200、RYT300、RYT500などの種類があり、それぞれ最低限の授業時間が設定されています。

RYT200は、ヨガインストラクターになるための基盤となる資格で、全米ヨガアライアンスに認定された200時間の養成講座を修了することで取得できます。

RYT300は、RYT200を取得したヨガインストラクターがさらに、深くヨガを学ぶことで取得できる上級資格で、300時間の養成講座を修了することで取得できます。

RYT500は、RYT200とRYT300を別々に取得するか、もしくは一気に500時間の養成講座を修了することで取得できる資格です。

つまり、RYT200を取得した後に、RYT300を取得して、RYT500を認定してもらうか、最初から一気に500時間の養成講座を修了するという道があります。

多くの場合は、前者のRYT200取得後に、もっとヨガを深めたいということでRYT300を取得することが多いです。

ところが混乱するのは、多くのスクールはRYT200をすでに取得している人を対象に、さらに必要な300時間のプログラムを提供し、それらを終えたらRYT500の資格を認定してくれるので、実際には300時間のプログラムですが、RYT500のコースといっています。

ところが中には、実際に300時間のトレーニングを提供しているのだからRYT300のコースだろうということで、RYT300のコースといっているスクールもあります。

もちろんRYT500のプログラムとして一括したコースを提供しているスクールもあり、そういったスクールはRYT500のコースで間違いなく、RYT200をすでに取得している人がその中の一部RYT300のみを受講するケースもあります。

いろいろ複雑ですが、簡単にいうとRYT200を終え、300時間のプログラムを修了すると、全米ヨガアライアンスRYT500認定ヨガ講師として登録し、活躍することができるということです。

RYT500の最安値>>>OREOなら40万円でRYT500が取得できる!

RYT500(RYT300)をオンラインで取得できるのはいつまで?

女性のヨガ

上述したように、RYT500というのはRYT200+RYT300のことで、全米アライアンスの指定校で、RYT200(200時間の学習)を取得した後、さらにRYT300(300時間の学習)を行い、RYT500が取得できます。

ところで、全米アライアンスでは対面式の指導がメインでオンラインで指導は認められていませんでした。

ところが全世界が新型コロナウイルスによる影響を受けている今だけ、期間限定でオンラインでのRYT500の取得が可能になりました。

そのため、RYT500の資格を取得したいと思われている多くの方が「RYT500のオンラインで取得できるのはいつまでだろう」という疑問を持っておられると思います。

答えは無期限です。

全米アライアンスが2023年7月19日にRYT500のオンラインの受講が2023年以降も無期限可能であることを正式に発表しました。

以下はRYS 500 Standardsにあるその原文を訳したものです。

RYS500のプログラムでは、100%対面式、100%遠隔学習、またはその両方の組み合わせなど、複数の形式で研修プログラムを提供することができます。100%遠隔学習を利用するRYSは、プログラム時間の最低15%を同期形式(講師と受講生が同じ時間にオンラインに集まり、リアルタイムで交流する形式)で提供することが義務付けられています。RYS 500研修の場合、これは最低75時間を意味します。

つまり、100%オンラインでもRYT500の取得は可能ですが、最低でも15%の時間(RYT500の場合は75時間)はオンライン上でもいいから講師と受講生がリアルタイムで交流してね。ということです。

ところで、日本ではRYT500を取得している方は少数でしたが、現在は400名以上の方(全米アライアンスのホームページ上で確認)がRYT500を取得しています。

一度RYT500を取得して、それから更新していない方も多くいらっしゃるので、実際はもっと多くの方がRYT500を取得していると思われます。

これから数年でRYT500を持っているのが当たり前という時代が来ると思われます。

「近くにRYT500を取得できるスクールがない」「忙しくて通うのは無理」などの理由でヨガ資格の取得を諦めていた方も、自宅からのオンラインでの取得が今後も可能になりましたので、通学よりも安く取得することができ、RYT500の取得がより容易になりましたので、ぜひRYT500の資格に挑戦してください。

RYT500の最安値>>>OREOなら40万円でRYT500が取得できる!

RYT500(RYT300)の必要性は?どんな人が必要?

RYT500って必要なのかというとRYT200だけでもヨガを教えることができ、極端な話、RYT200は教員免許や医師免許のように公的な資格ではないので、RYT200なしでもヨガを教えることはできます。

そういった意味では、RYT500は必要ないといえるでしょう。

ここら辺の詳しい話はヨガインストラクターになるには【RYT200は必要か?意味ない?いらない?】   も参考に。

ただ、ヨガを教えていけばいくほど、ご自分の限界にあったたり、もっと深く学びたいと思われる方が大半だと思います。

私の知り合いのヨガインストラクターも「お金と時間さえあれば、RYT500を取得したい」「もっとじっくりヨガを学び深めたい」という方が大半です。

私自身もRYT500の保持者ですが、RYT500で学んだことは大きいです。

また、RYT200の保持者は今はすごい数いますので、そういった方と差別化するためにRYT500は大きな力を発揮します。

300時間ヨガを徹底して学んだということはやはりそれだけヨガの知識が深いという証拠になります。

具体的には以下のような方にはRYT500を取得されることをおすすめします。

日々セミナーなどで自らの学びを得ている

ヨガは何千年の歴史のあるものですので、とても深く、一生かけても学ぶことはできません。(ヨガの歴史については【ヨガの起源と歴史】インドのヨガの4大聖典・経典を解説をご覧ください)

そのため多くのインストラクターさんは、自腹で自主的に様々なヨガのセミナーに出ておられます。

そのようなセミナーのお金もチリと積もればでかなりの額になりますので、思い切ってRYT500のセミナーに出て、断片的な知識や学びではなく、体系的に深く学ぶほうが効率がよいといえます。

しかも、ヨガの最高峰の資格RYT500という資格まで取得できるのですから、思い切ってRYT500に出られた方が効率的でずっとお得でしょう。

差別化したい

コロナで多くのヨガの養成スクールがオンラインでRYT200のプログラムを提供するようになり、雨後の筍のようにRYT200のオンラインスクールができました。

それまでは対面でしかRYT200を取得できなかったため、時間・場所・お金という3点がそろった方しか取得できない特別感のあるものでしたが、値段も半額以下、場所はどこでもとRYT200が誰でも簡単に取得できるようになり、RYT200の特別感が薄れています。

そのためRYT500を持っていた方が、他のヨガスクールやインストラクターと差別化できます。

もし、上記に当てはまる方で、RYT500が「お金が足りない」「時間がない」ということで躊躇しておられるようでしたら、オンラインスクールでRYT500を取得しましょう。

RYT500の最安値>>>OREOなら40万円でRYT500が取得できる!

RYT500(RYT300)の値段・費用・最安値は?

対面でのRYT500のRYT300のプログラム300時間のレッスンの値段は通常約70~80万円ぐらいで、RYT500をRYT200とRYT300のセットで受講すると100万円超えるのが普通です。

特に、対面ですと、RYT500の費用は、上記の値段にスクールまで行く交通費や遠方の場合は宿泊費もかかり、合計するとかなりの費用が必要となります。

一方で、オンラインでRYT500を受講できるところですと、受講料も安くなり、50万円代、安いところで40万円ということもあります。

おそらくOREOの40万円がRYT500の最安値でしょう。

詳しくはこちら>>>OREOなら40万円でRYT500が取得できる!

下記で詳しくご紹介します。

RYT500(RYT300)の受講条件は?取得方法は?

一般的なパターンとして、すでにRYT200を取得してヨガインストラクターとして活動している人が、RYT500(実際は300時間のプログラム)の養成講座を受講することが多いです。

よって、RYT500の受講条件は、RYT200がすでに取得していることです。

なお、RYT200とRYT500(RYT300)は、それぞれ別の養成スクールでも受講可能です。

別の養成スクールで取得する場合、2つパターンがあります。

一つは、RYT200を他で取得していれば、そのまますんなりとRYT500(RYT300)に入れるスクールです。

もう一つは、RYT200をAスクールで取得した場合は、BスクールのRYT500(RYT300)に入るために、ブリッジと言われるBスクールが提供する講座を取る必要があります。

そのブリッジを取得した後に、BスクールのRYT500(RYT300)に入ることができます。

後者のケースはその分もちろん受講料は高くなります。

RYT500(RYT300)をオンラインで取得できるOREO

上述したようにRYT500を取得するのに、受講料が高いところだと100万円、安くても70~80万円はかかりますので、そう簡単に通えるわけではありません。

その点オンラインだと半額の50万円ぐらいで取得可能なところがあります。

RYT500をオンラインで取得できるスクールとして、私が最もおすすめするのはOREOです。

OREOは他でRYT200を取得された方も受講できるカリキュラムになっていますので、オンラインで安くRYT500を取得したいという方におすすめです。

OREOは動画とプライベートレッスンで授業を行います。

なお、OREOは他校でRYT200を取得した人はブリッジ講座を受講することなしに、そのままRYT500に入れます。

ここではそんなOREOのRYT500のコースの特徴をご紹介します。

無料オンライン個別説明会の申し込み>>>OREOなら40万円でRYT500が取得できる!

OREOの特徴

動画で学ぶためいつからでも受講可能

OREOの動画

動画がメインの授業のため、24 時間受講可能なので、いつからでも受講が可能です。

地方に住んでおり、家の近くに養成スクールがなかった方、忙しくて休みがとれなくて、RYT500のコースになかなか通えなかった方にオススメです。

対面のレッスンやオンラインでもオンタイムのレッスンだと、日程がなかなか合わなくいことがありますが、その点OREOの場合は、動画と学んでいくためそのような心配はありません。

無料オンライン個別説明会の申し込み>>>OREOなら40万円でRYT500が取得できる!

マンツーマンでのオンラインセッション

OREOでは一流の講師とマンツーマンセッションを行います。

私はグループレッスンでRYT200・RYT500を取得しました。

グループレッスンでしたので、個人指導をしてもらいたくてもなかなかしてもらえませんでした。

特に、ポーズをいろいろ直していただきたかったのですが、一人一人に十分な時間をかけることは難しかったです。

その点OREOはプライベートレッスンですので、そのような心配はありません。

無料オンライン個別説明会の申し込み>>>OREOなら40万円でRYT500が取得できる!

充実したフィードバックとサポート

提出するすべての課題に対してリードトレーナーがチェックし、しっかりとしたフィードバックを行ってくれます。

以下はOREOのリードトレーナの間宮愛先生です。

また、卒業後もオンラインセッション・ワークショップ・練習会なども定期的に開催しており、サポートもしっかりしています。

無料オンライン個別説明会の申し込み>>>OREOのRYT500公式サイト

言葉でアジャストができるようになる

OREOでは、ポーズが「なぜミスアライメントになっているのか」などその原因と修正法について力を入れて指導しています。

体を触ってのアジャストは、危険なこともあり、私は体を触ってのアジャストは極力しないようにしています。

また、触られるのを嫌がる方もいますし、人に触るのが嫌なインストラクターの方も多いと思います。

その点、OREOのRYT500では、言葉でアジャストするテクニックを指導してくれます。

よくあるミスアライメント35ポーズをピックアップして、なぜそのようなミスアライメントになるのかを解剖学的な観点から解説し、特に、リードトレーナーとのマンツーマンセッションでは講師がミスアライメントをとり、受講生は言葉の表現と身体を使って正しいアライメントに導く練習を行います。

アジャストを独学で学びたい方はヨガのアジャストの方法が学べる本・DVD・動画!を参考に。

陰ヨガについて深く学べる

陰ヨガ

OREOは陰ヨガに力を入れており、「陰ヨガ指導者養成講座」と「陰ヨガ指導者養成講座〜アドバンス〜」があります。

陰ヨガというとは陰陽の考えをベースとしたヨガで、動作をゆっくりと行い、ホールドの時間を長くとるため、「動く瞑想」とも言われています。

比較的簡単なポーズが多いため、年齢を問わず行うことができ、高齢化社会に向けて需要の多いヨガです。

OREOでは、単に陰ヨガのポーズを学ぶだけでなく、古代中国伝統医学(中医学)・陰陽説 ・陰陽五行説・ 気血津液(水)精・六臓六腑・病因学説・養生などについても詳しく学びます。

陰ヨガの詳細については以下のリンクを参考にしてください。

ヨガ哲学について深く学べる

古代ヨガ哲学

OREOのRYT500ではヨガ哲学も深く学べます。

以下のような内容が学べます。

  • インド哲学の成立
  • ウパニシャッド
  • タットヴァボーダ
  • カタウパニシャッド
  • カタウパニシャッド
  • ケーナウパニシャッド

特に、「バガヴァットギーター」に力を入れており、かなり深く学べます。

「バガヴァドギーター」は戦場を舞台にした、 神 (クルシナ) と戦士(アルジュナ) の問答形式の物語で、「イティハーサ」と呼ばれる伝承聖典の一つで、紀元前150年ごろに原形が成立し、紀元100年ごろ現在の形になったといわれています。

古代インドの叙事詩『マハー・バーラタ』の一部で、第6章に収められている、全18章700の詩編です。

「バガヴァドギーター」の詳細はインドのヨガの哲学【バガヴァドギーター】をご覧ください。

シニアヨガが学べる

これからの超高齢化社会に向けてシニアヨガの需要は増えていくものと思われます。

OREOのRYT500では以下のような内容のシニアヨガが学べます。

  • シニア世代のQOLを保つためにインストラクターができること
  • 高齢者の特性(精神面)
  • 高齢者の解剖学、生理学、運動について
  • 抗重力筋を知る
  • 高齢者に効果的なアーサナについて
  • シニアクラス開催に際しての注意事項
  • クラス構成の手順や禁忌の動作について
  • シニア向けのプロップスの使用法
  • インストラクションの仕方
  • 参考シークエンス60分間

シニアヨガをしっかり教えられるようになれば、超高齢化社会で職に困らないと思います。

私はハワイでヨガを教えていましたが、募集してすぐに高齢の方が多く集まってきました。

平均75歳のクラスで、最高齢で90歳でした。

無料オンライン個別説明会の申し込み>>>OREOなら40万円でRYT500が取得できる!

OREOの口コミ

ここではOREOの口コミをご紹介します(公式サイトから引用)

  • わかりやすく丁寧な説明でとても聞きやすい授業でした。ちょっとした疑問はマンツーマンレッスンの時に解決できたので、全て動画でも問題なく進めることができました。
  • 動画はとてもわかりすく、また繰り返し見ることが出来るので、じっくり学習することが出来ました。オンラインセッションでは、実際にアライメントを見ていただいたり、細かな疑問点を率直に質問することが出来、毎回とても充実した時間でした。
  • 動画を何度も巻き戻し繰り返し観ることができたのが本当に有難かったです。AI先生のよく通る声も聞きやすくて、ストレスなく講義を受けることができました。内容は難しいと感じる場面もありましたが、一時停止してテキストや参考書を読み返し、一つずつ納得しながら進められる点も魅力的だと思います。自分の時間に合わせてマイペースに受講できるので、仕事や家事をしながらでもしっかり勉強できました。課題のフィードバックの内容の濃さ、マイページの使い心地、困ったときにはLINEで質問ができるところなど、OREOさんに決めて良かったと思っています。

「動画がわかりやすい」「動画を何度も巻き戻し繰り返し観ることができた」「ちょっとした疑問はマンツーマンレッスンの時に解決できた」など動画とマンツーマンレッスンを評価している口コミが多いですね。

OREOの口コミをもっと詳しく知りたい方はOREOのRYT200の口コミ・評判を統計ツールで分析をご覧ください。

OREOのRYT500の値段・費用

OREOのRYT500のオンラインの値段は400,000円とかなりお安くなります。

おそらくRYT500の最安値ですね。

その他の費用はご自宅で受けられますので、一切かかりません。

詳しい内容は無料オンライン個別説明会でいろいろ聞いてみてください。

特に、近くにRYT500を受講できるスクールがない方や忙しくて通えない方に本当におすすめです。

無料オンライン個別説明会の申し込み>>>OREOなら40万円でRYT500が取得できる!

RYT500(RYT300)をオンラインで取得できるMAJOLI

MAJOLIでもRYT500をオンラインで取得できます。

なお、MAJOLIでも他校でRYT200を取得した人はブリッジ講座を受講することなしに、そのままRYT500に入れます。

MAJOLIは横幕真理さんという方がはじめたヨガスクールで、インドでのヨガの修行により人生が変わる体験をしたことをキッカケに、インド・オーストラリア・バリ島の3ヶ国でヨガ留学を経験してRYT500を取得されています。

2018年株式会社MAJOLIを設立し、英語と日本語のバイリンガルヨガインストラクターとして海外のホテルやジムで、様々な国籍の受講にヨガの指導を行い、日本に帰国後の2020年ヨガ資格講座『おうちヨガ』を立ち上げました。

以下が横幕真理さんの著書で、ご自身の経験をもとにヨガ・スートラの八支則を解説なさっています。

私も一度Zoom上ですが、お話ししたことがありますが、とても謙虚で素敵な方でした。

インタビューの内容など詳しくはMAJOLIのRYT200のヨガ講師養成講座の評判・口コミを分析!をご覧ください。

created by Rinker
¥1,518 (2024/04/13 17:10:57時点 Amazon調べ-詳細)

MAJOLIの特徴

MAJOLIのRYT500のメリットとして以下の5つがあげられます。

ケン・ハラクマ先生が登場

MAJOLIのRYT500講座に日本のヨガ第一人者 ケン・ハラクマ登場!!これはすごい

ケン・ハラクラ先生ってご存じのない方に少しご説明します。

ケン・ハラクマ先生とは、アシュタンガヨガの創始者であるシュリ・K・パタビジョイス氏より、日本人初のアシュタンガヨガ正式指導資格者として直接認定を受けるなど、日本を代表するヨガの第一人者です。

アシュタンガヨガに関してはこちらの本が有名ですが、この本の監修をなさっているのがケン・ハラクマ先生です。

現在では、アシュタンガヨガを中心に国内外で幅広いヨガの指導やワークショップを行うほか、合宿・指導者養成や、メディア・教育・各種企業へのヨガコンサルティングなど、健全なヨガの普及活動に努め、日本のヨガ界を牽引し続けています。

日本最大のヨガイベント「ヨガフェスタ」の発起人の一人であり、海外においても香港で開催のアジア最大級ヨガイベント「IRIS: Your Escape with ManulifeMOVE」にて講師を務めるなど、国内外で活躍する多才な方です。

書籍には有名なこちらがあります。

ヨガ哲学をもとにしたどのように生活すべきかということがわかる本です。

created by Rinker
¥1,650 (2024/04/13 21:34:12時点 Amazon調べ-詳細)

スマートフォンでも受講可能

最近は、忙しいスケジュールを持つ人々が、自分の時間を有効に活用できるように、スマートフォンで学習できることが重要視されています。

MAJOLIのRYT500の講座も、このニーズに応えるべく、スマートフォンでも受講でき、場所や時間に縛られることなく、自由に学ぶことができるというメリットがあります。

また、スマートフォンを使って学習することは、学習の進捗状況を追跡したり、必要な情報をいつでもすばやく入手したりすることができるため、効率的な学習が可能です。

さらに、受講者は、自分自身のペースで学習を進めることができるため、ストレスを感じることなく学ぶことができます。

RYT500の講座を受講したいけれど、通勤時間や家事の合間に学ぶ時間しか取れないという方には、スマートフォンでの受講がぴったりです。

是非、スマートフォンでの学習に挑戦してみてください!

録画で後でアーカイブチェックできる

MAJOLIのRYT500の講座では、ライブレッスンがありますが、もし予定が合わなくて参加できなかった場合でも、安心してください。

なぜなら、すべてのレッスンは録画され、後でアーカイブチェックすることができるからです。

これにより、忙しいスケジュールやタイムゾーンの制約がある場合でも、学習を進めることができます。

また、録画を見直すことで、理解が深まり、自分のヨガのスタイルを改善することができるでしょう。

MAJOLIのRYT500の講座は、スマートフォンからでも受講可能であり、録画されたレッスンのアーカイブチェックもできるので、自分のペースで学ぶことができる便利な講座と言えます。

テストや試験は一切なし!

MAJOLIのRYT500は、テストや試験を受ける必要がない、ノンストレスな講座です。

講座のカリキュラムに従って進めるだけで、RYT500の資格取得率が100%になるように設計されています。

これは、MAJOLIのRYT500が、受講生が実際にヨガの指導者として活動している中で必要なスキルや知識を提供しているからです。

卒業生のコミュニティが充実

MAJOLIのRYT200は、たった2年半で1400人以上の生徒たちに受講され、MAJOLINには卒業生のコミュニティがあり、お互いに学びを共有しながら成長できます。

RYT500で学ぶことは、生涯にわたって役立つ知識やスキルばかりでなく、人生を豊かにする深い体験も得られることでしょう。

キャリアに合わせてカスタマイズ可能

MAJOLIのRYT500講座ではご自身のキャリアに合わせてカスタマイズされた学習が可能で、講座の説明会では、ご自身の目的や希望に合わせてカスタマイズした学習プランを相談することもできます。

よって、RYT500取得が目的ではない方も、MAJOLIのRYT500講座で自分に合った学びを見つけることができます。

MAJOLIのカリキュラム内容

いかがMAJOLIのカリキュラムの内容です。

ヨガ哲学シリーズ

  • インドヨガ哲学基礎講座
  • ヨガスートラ基礎講座
  • 自分を好きになるヨガ哲学講座

インドヨガ哲学全般とヨガスートラを中心に学びます。

インドヨガ哲学ってどんなの?と知りたい方はインドのヨガの4大聖典・経典を解説をご覧ください。

ヨガスートラはヨガスートラの八支則とは?で詳しく解説しました。

このような哲学をより詳しく知りたい方はMAJLIがおすすめです。

レベルアップアーサナ講座

  • アドバンスアーサナ講座
  • アジャスト講座
  • マタニティヨガ解剖学
  • 頚椎アナトミー講座

マタニティヨガを解剖学の観点で学べるのはいいですね。

また、アジャストもしっかり学べそうですね。

ステップアップヨガシリーズ

  • シニアヨガ講座
  • 美骨盤調整ヨガ講座
  • ティーチングスキルアップ講座
  • クラスデザイン講座
  • ムドラーヨガ集中講座
  • 顔ヨガ講座
  • 英語で太陽礼拝講座

高齢化社会に向けてシニヤヨガの需要は増え続けていますので、シニヤヨガ専門のヨガインストラクターは今後ひっぱりだこになる可能性があります。

また、MAJOLIのRYT500ではムドラーが学べるのですね。

ムドラーを教えてくれるRYT200やRYT500は少ないです。

ムドラーについて詳しく知りたい方はヨガのムドラー【手・指のジェスチャー】の種類と各指の意味と効果!をご覧ください。

また、英語で太陽礼拝講座というのはいいですね。

体を動かしながら英語を学ぶ方法をTPR(Total Physical Response)といいますが、とても効果的な英語教授法です。

英語でヨガを習い方にはMAJOLIはおすすめです。

本ブログでも英語で太陽礼拝を解説していますので、予習がてら見てみてください。

詳細はこちら>>>太陽礼拝を英語で行う

英語でヨガを学びたい方は英語でヨガを学ぶ・英語でヨガを教えるための完全ガイドをご覧ください。

深めるヨガシリーズ

  • マインドフルネス講座
  • 呼吸法講座
  • 生理学と女性のカラダ講座
  • ヨギーニのための食事栄養学

ボディメイクシリーズ

  • 美ボディメイクヨガ講座
  • 美ボディメイクピラティス講座

ヨガビジネス講座

  • なりたい私になるヨガキャリア講座
  • セルフブランディング講座
  • ヨガビジネス基礎講座

MAJOLIのRYT500の費用

589,000円のところ10名に限り、498,000円で受講可能です。

分割払いにも対応しており、負担を軽減することもできます。

おわりに

近年ヨガインストラクターの中では、RYT200を取得しているのは当たり前、RYT500を取得しようという方向に大きく動いています。

今後RYT500を取得する方はどんどん増えてくるでしょう。

ただ、RYT500を取得するのは、金銭的・時間的・場所的にも様々なハードルがありますが、オンラインで受講できるようになり、そのハードルも随分低くなりました。

受講料も安くなり、いつでもどこでも気軽に取得できるこの機会にRYT500を取得しましょう。

RYT500の最安値>>>OREOなら40万円でRYT500が取得できる!

こちらも参考に。

タイトルとURLをコピーしました