【ヨガ哲学】ヨガ・スートラが学べるおすすめの日本語・英語の本

ヨガ・スートラが学べる本

ここではヨガ哲学のヨガ・スートラの日本語と英語の本をご紹介します。

ヨガ・スートラとはとは紀元前3世紀頃~6世紀頃に書かれたヨーガについて理論的に解説した最古のテキストです。

編纂者はパタンジャリとされ、口頭伝承で伝わっていた教えを集め、まとめ、サンスクリット語で書き記したヨガの格言集です。

スートラとは糸を意味する言葉で、短い文章が何本も糸のようにあり、それらが集められた文献です。

「ヨーガ・スートラ」は195または196(流派によって異なる)の短い格言で構成されており、4章に分かれています。

  • 1章「サマーディパーダ」ヨガの八支則で到達するサマディ
  • 2章「サーダナパーダ」クリヤ・ヨガ(行動のヨガ)と呼ばれる3つの基本の実践
  • 3章「ヴィブーティパーダ」瞑想状態・超自然能力
  • 4章「カイヴァリヤパーダ」サマディが確立するとどうなるのか

ヨガ哲学の基本となるヨガスートラは難しいですが、簡単に書かれた本もありますので、それらを読んでから徐々に難しい本に挑戦しましょう。

また、英語のほうが簡潔に書かれているので、英語が得意な方は英語の本を読まれることをおすすめします。

ヨガ哲学のヨガ・スートラが学べる日本語の本

最初にヨガ・スートラが学べる日本語の本をご紹介します。

ここでは簡単・わかりやすい順にご紹介します。

ヨーガ哲学初心者のためのヨーガ・スートラの教えを身近に活かす方法 (Kindle版あり)

永井由香先生が書かれたスートラに特化した書籍です。

永井由香先生はヨガの聖地リシケシにあるシバナンダ・アシュラムなどに滞在し、スワミジ(僧侶)と交流しながら古典的なスタイルのヨガを学び、リシケシのTattvaa Yogashalaにて全米ヨガアライアンス500取得されています。

以下のようなスートラに関する動画をヨガジェネレーションからシリーズで出されています。

また、クリシュナ神の楽器であるバンスリ(竹フルート)の音楽活動もなさっている先生で、ヨガやインドが大好きな筋金入りのヨガの先生です。

Kindleで650円と安価ですので、ちょっとスートラについて知りたい方、興味のある方は一読してみてください。

永井由香先生はヨガ全般に関する本も出しています。

詳しくはヨガ哲学初心者のための簡単でわかりやすい本の「生きるのが楽になる インドの古典ヨガ哲学」をご覧ください。

やさしく学ぶYOGA哲学 ヨーガスートラ (YOGA BOOKS)

アンダーザライトの向井田みお先生が書かれた本でヨガ哲学のベストセラー本になっています。

かなりわかりやすい本ですが、かなりボリュームがあります。

なお、こちらの本の一部を以下のリンクでわかりやすく解説していますので、詳しい内容についてはそちらをご覧ください。

アンダーザライトでは、向井田みお先生のセミナーも含め、ヨガに関する様々なセミナーを行っています。

特に、アンダーザライトの「UTL YOGA ONLINE」ではほぼ毎朝向井田みお先生 がヨガ哲学のレッスンを行っております。

UTL YOGA ONLINE

また、無料セミナー(不定期で 向井田みお先生のセミナーもやっています)も行っており、特に、RYT200に関する 無料セミナーに参加するとヨガクラス招待券2枚もらえます!

アンダーザライトの無料セミナー

アンダーザライトのRYT200にご興味のある方はアンダーザライトのインストラクター養成RYT200がオンライン受講可に!をご覧ください。

新版インテグラル・ヨーガ パタンジャリのヨーガ・スートラ

著者スワミ・サッチダーナンダが弟子たちに行った講話を基にして、ヨガ・スートラを解説している本です。

それを日本語に翻訳した本です。

翻訳した本なので、ちょっと日本語が不自然なところもありますので、英語ができる方は下記の英語版に挑戦してみましょう。

図説ヨーガ・スートラ

伊藤武先生が書かれている本で、インド研究家で、サンスクリット語の講師でもあります。

図説とあるように図が多く用いられていて、わかりやすくなっています。

現代人のためのヨーガ・スートラ

created by Rinker
産調出版
¥3,080(2021/12/05 17:14:58時点 Amazon調べ-詳細)

インド哲学への長年の研鑽をしてきたドイツ人ヨーギー、グレゴール・メーレ氏の著書で、『ヨーガ・スートラ』概説書です。

著者グレゴール・メーレ氏の見解の他、監修者伊藤雅之先生の解説もついており、『ヨーガ・スートラ』を現代人向けに解明しています。

ただ、かなり難しいです。

ヨーガ・スートラ: パタンジャリ哲学の精髄 原典・全訳・注釈付

開祖パタンジャリによって成立したヨーガ根本聖典(2世紀~4世紀頃成立)のサンスクリット原典とその全訳・語釈・解説が書かれている本です。

ヨガ哲学のヨガ・スートラが学べる英語の本

ここからは ヨガ・スートラが学べる英語の本 をご紹介します。

英語が得意な方は英語版に挑戦しましょう。

英語勉強にもなりますし、英語のほうが日本語よりも簡潔に書かれており、わかりやすいです。

The Yoga Sutras of Patanjali: Commentary on the Raja Yoga Sutras by Sri Swami Satchidananda

スワミ・サッチダーナンダ が弟子たちに解説した本です。

紙版はものすごいすごい小さい本で、持ち運びが便利なのですが、その分字が小さいので、kindle版をおすすめします。

キンドル版はかなり安く読めますし、audibleだとなんと無料です。

audibleとは本を耳で聞く(本を音読してくれます)もので、忙しい人にはぴったりです。

特に、英語の本だとそのまま英語のリスニングの勉強にもなります。

私は大学への行きかえりに毎日30分何らかの本を「耳で」読んでいます。

忙しい方にはaudible本当におすすめで、多くの成功者や著名な方がこれからは耳で学習する時代ということですすめています。

audibleに今無料体験すると1冊無料でプレゼントしてもらえます。

つまり、30日間の無料体験を退会してもそのままThe Yoga Sutras of Patanjaliは自分のものとなり、無料体験後も聞くことができます。

ぜひ、この機会にThe Yoga Sutras of Patanjaliを無料でゲットして、毎日スートラを耳から学習しましょう。

audibleの詳細はこちらThe Yoga Sutras of Patanjali

上記の 「新版インテグラル・ヨガ パタンジャリのヨーガ・スートラ」の英語版です。

The Path of the Yoga Sutras: A Practical Guide to the Core of Yoga by Nicolai Bachman

The Path of the Yoga Sutras: A Practical Guide to the Core of Yoga は Nicolai Bachman氏の著書です。

初心者にもわかりやすく書かれています。

サンスクリット語やアーユルベーダの専門家で大学で東洋哲学の修士号を取られている方です。

Kindle版もあります。

Kindle版は便利で、Kindleさえあれば、何冊でも本を入れておけて、どこでもそれらを読めます。

私は完全にKindle派になっており、Kindle版がある本はすべてKindle版を購入しています。

特に、Kindleは、とっても軽いですし、また、目も疲れません。また、こちらのKindle Paperwhiteですと防水加工してあるので、お風呂でも読めます。

おわりに

ここではヨガ哲学のヨガ・スートラの日本語と英語の本をご紹介します。

ヨガ・スートラなどヨガ哲学を本格的に学びたい方は上記でご紹介しましたが、 向井田みお先生のアンダーザライトをおすすめします。

ご興味のある方はアンダーザライトのインストラクター養成RYT200がオンライン受講可に! または以下の公式サイトをご覧ください。

無料セミナーに参加するとヨガクラス招待券2枚もらえます!

アンダーザライトの無料セミナー

有名な乳井真介先生のリラヨガ・インスティテュートもヨガ哲学を本格的に学びたい方におすすめです。

リラヨガ・インスティテュート公式サイト

ヨガの資格・仕事全般について

ヨガの理論・知識

コメント

タイトルとURLをコピーしました