海外旅行先でヨガ体験・ヨガスタジオ巡り【準備・注意点・持ち物】

海外旅行先でヨガ体験・ヨガスタジオ巡り

「海外旅行に行ったときにヨガをやってみたいけれども、受付で英語が通じるか心配」

「フランスに海外出張になるので、そこでヨガもやってみたいな」

こんなこと考えたことないですか?

ヨガは世界中でブームですので、世界中どこに行ってもだいたいヨガスタジオはあります。

海外旅行のついでに、または、出張のついでに、海外のヨガスタジオに行ってみるのも楽しいです。

私は職業柄、海外に行くことが多いのですが、観光地にはほとんど行かないで、ヨガスタジオに行くようにしています。

海外のヨガのスタジオには、だいたいドロップインという制度がありますので、気軽に数回体験できます。

この記事では、海外旅行でのヨガ体験やヨガスタジオ巡りをする際のドロップインのやり方、準備、必要な英語、注意点や持ち物などについて解説します。

海外旅行先のでヨガスタジオ巡り楽しいですので、海外旅行に行かれた際には試してみてください。

海外旅行先でヨガスタジオ巡りを趣味に!

今の時代は有名な観光地に行って、ショッピングをして爆買いする時代から、何かを体験する旅行にシフトしています。

つまり、観光業全体がモノからコトへ大きくシフトしており、現地で何かを体験することを楽しむ人が増えています。

ハワイやバリ島などでは旅行会社を通してのヨガ体験のアクティビティなども増えており、海外で気軽にヨガが体験できるようになりました。

特に、有名なのはHISです。

以下のリンクから海外オプショナルツアーをclickして、ヨガと入れてみてください。

現地ツアーまたは、海外オプショナルツアーをclickして、ヨガと検索ワードを入れてください。

そうするとハワイやバリの現地ツアーが出てきます。

もちろんそのような旅行会社を通しての体験もいいですが、ほとんどのヨガスタジオにはドロップインという制度がありますので、直接予約してヨガレッスンを受けることができます。

私自身も海外に行く場合は、観光地に行くよりもその国々のヨガスタジオを訪ねることを趣味としています。

今までハワイ・ラスベガス・サンフランシスコ・シンガポール・オーストラリア・イギリス・アイルランド・マルタ・韓国・ポルトガルなどのヨガスタジオに行きました。

そもそも海外のホテルは高級ホテルなら立派なジムがあり、そこで体を動かすことができますが、そうでない場合、ホテルの部屋でヨガをやるしかありません。

ところが、ロンドンなんかの大都会はホテル代がとにかく高いですので、1泊10,000円ぐらいでは、考えられないほど古い狭い部屋になることもあります。

そういうところでは、ヨガマットを敷くスペースもあまりないし、そもそも絨毯が汚くて、ヨガなんてやりたくないという感じのところもあります。

そうなると滞在中、体を動かすことなく、過ごすことになり、とても不健康です。

そのため海外旅行先のヨガスタジオに通いだしたのです。

だんだんそんなことが楽しくなってきて今では、海外のヨガ巡りが趣味になっています。

ヨガが世界共通であることを実感するとともに、その国々の違いなども知ることできて面白いです。

また、ヨギーは気さくな方が多いので、喜んで受け入れてくれます。

これはあくまでも私の私見ですが、オーストラリアやアメリカなどは、さすがにヨガ先進国という感じで、エクササイズとしてではない、ヨガの本質を追求するヨガのレッスンが多いなと感じました。

一方、韓国やシンガポールなどのアジアは、エクササイズとしてのヨガが多いような気がしました。

なお、ハワイのヨガスタジオについてはハワイのおすすめのヨガスタジオ3選【ワイキキ・ワード・カカアコ】を参考にしてください。

海外のヨガスタジオでのドロップインの方法

ハワイのワイキキにあるヨガアロハ
ハワイのワイキキにあるヨガアロハ

だいたいは今はホームページから申し込むことが多いですが、小さいところだと電話をして申し込みます。

あるいは、直接行ってその場でドロップインを受け入れてくれるところもあります。

ドロップインはだいたい日本円で安いところだと1,000円から通常3,000円ぐらいです。

長く滞在している場合は、無料体験や1か月の安いトライアルなどを申し込むことがあります。

無料体験は基本はそこに住んでいる方を対象にしていますので、時々身分証明書などを求められることもあります。

明らかに旅行者だともちろん断れるでしょうが、研究員として数か月滞在している場合は、その旨話せば無料体験や1か月のトライアルなどできました。

海外旅行先でヨガスタジオ巡りをする際に役立つ英語フレーズ

Do you have a free trial class?
無料体験のクラスはありますか。

I’d like to take a drop-in class.
ドロップインとして参加したいのですが。

How much is it?
いくらですか。

I will be there on Tuesday at 10:00.
火曜日の10時にそちらに伺います。

Do I need to bring a yoga mat?
ヨガマットは持っていったほうがいいでしょうか。

Do you have a changing room (またはrocker room)?
着替えをするための部屋はありますか。

Could you tell me your business hours?
営業時間を教えてください。

Are you open today?
今日は空いていますか。

Excuse me, I called yesterday. ****
すみません。昨日お電話しました****です。

I’ve registered online.
オンラインで登録してあります。

I’d like to take a class at 4:00 p.m.
4時からのクラスを受けたいのですが。

これらの英語フレーズは「英語でYOGA!」から抜粋しました。

「英語でYOGA!」の詳細は「ヨガと英語が同時に学べる本【英語でYOGA!】」(付属動画が無料で視聴可能)をご覧ください。

created by Rinker
ベレ出版
¥1,870(2021/10/20 02:17:49時点 Amazon調べ-詳細)

海外のヨガスタジオのレッスンに参加するための英語表現を予習

海外のヨガスタジオのレッスンに参加するための英語表現は以下のリンクで予習しましょう。

英語ブートキャンプの再生リスト(30本以上のYouTube動画があります)

ヨガを英語で本格的に学びたい方は、英語でヨガを学ぶ・英語でヨガを教えるための完全ガイドを参考にしてください。

海外のヨガスタジオに関する生の情報を収集

Googleで行く都市名とyoga と検索ワードをいれれば、たくさん出てきますので、そこから選びましょう。

また、オンライン英会話の無料体験を利用するのもおすすめです。

具体的にはDMM英会話とネイティブキャンプですと、講師を120か国以上から自由に選ぶことができます。

講師を選ぶときに、yogaという検索ワードを入れるとヨガを趣味にしている方やヨガを教えている方が選択されますので、自分の行く予定の国の先生を選びましょう。

選んだら、その国のヨガ事情やヨガスタジオに関する情報などを聞いて情報を集めましょう。

DMM英会話だと1~2回(時により変更)の無料体験できます。

DMM英会話無料体験は公式サイトから

DMM英会話についての詳細はこちら。

さらに、ネイティブキャンプだとなんと1週間の無料体験が可能です。

海外のヨガスタジオでの注意点

海外でのヨガ

ここでは海外のヨガスタジオでの注意点についてお話します。

どの種類のヨガなのか必ず確認

必ずどの種類のヨガなのか確認しましょう。

私の体験をいくつかお話します。

ひとつはオーストラリアのシドニーで。

無料で受けられるヨガのクラスがあったので、迷わず受講することに。

ところが、60分間インストラクターが英語でしゃべってただ寝ているだけ。。。

心の中で「何これ。何これ。ヨガのレッスンじゃない。時間の無駄なんですけど。」

終わった後に、私は「完全に騙された」と挨拶もろくにせずに、帰ってきました。

そう、これは寝るだけのヨガ「ヨガニドラ」のクラスだったのです。

そのときは私は「ヨガニドラ」という言葉すらも知りませんでしたので、騙されたとばかり。

それから数年後、「ヨガニドラ」を知り、すっかりファンに。。。

今までで一番素晴らしいと思ったヨガレッスンはハワイで現役のカウンセラーが行っていたヨガニドラのクラスです。

考えられないくらいリラックスしました。

今では毎晩この動画でヨガニドラを行うのが習慣になりました。

わかりやすいように「英語でシャバーサナ」としていますが、実際はヨガニドラです。

このように意味がわからないと同じレッスンでも不安と不満の気持ちが充満して、せっかくのレッスンも楽しめません。

また、ハワイのスタジオでは、ダンベルを使うヨガのクラスに入ってしまって、怖くなって出てきたこともありました。

海外のヨガのクラスはいろいろありますので、必ず事前にしっかりと確認しましょう。

グーグルでぐぐればいろいろ出てきます。

更衣室がないところがある

日本では考えられないことですが、海外のヨガスタジオでは更衣室がないことがあります。

ハワイでは、ヨガウエアを着て、町を歩いたり、大学に行っても全然おかしくないので、ほとんどの方が着替えをせず、そのままヨガウエアでヨガスタジオに来ます。

ちなみに、更衣室がない場合はトイレで着替えることになります。

治安に注意

海外は道ごとに安全な通りか危険な通りかが分かれています。

曲がっただけで、あるいは通りを隔てただけで、いきなり危険な通りになりますので、注意が必要です。

ヨガスタジオを調べたら、そこは危険な通りではないか、あるいは、危険といわれている地域は通らないかななどを必ず調べましょう。

グーグルで検索すれば、その地域の危険な通り名などすぐ出てきます。

もし、そのヨガスタジオが危険な地域にあるようでしたら、行かない方がいいです。

海外旅行先でヨガスタジオ巡りをする際に必携の持ち物

ここでは海外旅行先でヨガスタジオ巡りをする際に必携の持ち物について解説します。

折りたためる軽量のヨガマット

海外のヨガスタジオでは、ヨガマットを貸してくれないところもあり、ヨガマットは貸してくれても日本円で1,000円くらい取られることもありますので、ヨガマットは持って行ったほうが無難です。

また、日本だと使った後に綺麗に拭いたりしますが、国によってはそんなことまったく気にしないところもあります。

ハワイであるスタジオで毎回ヨガマットを借りていたことがあるのですが、ある時誰もそれらを拭いていないことに気がつき、それからは持参するようにしました。

衛生面を考えてると、ヨガマット持参のほうがいいです。

私はMandukaのヨガマットを海外旅行に持っていきます。

もう少し安価なものを購入したこともあるのですが、ボロボロとヨガマットが少しずつはがれて、部屋が汚くなったことがあり、今はもっぱらこちらです。

ちょっと高いですが、その分小さく折りたためて、スーツケースにはいりますし、色もとても綺麗です。

私はブルーをもっていますが、芸術的な美しさです。

旅行用の携帯のヨガマットでしたら、こちらをおすすめします。

予約や受付でのやり取りにポケトークが必携

海外でのヨガ

海外のヨガスタジオ巡りで問題となるのは予約や受付でのやり取りだと思います。

ヨガのレッスンになれば、多少言葉がわからなくても一緒に体を動かせばいいので、大丈夫ですが、受付でのやり取りや予約のやり取りが問題です。

先ほどお話したように、海外のヨガスタジオだと、その他更衣室があるのかとか、ヨガマットは貸してくれるかなども予約の際に、聞いておく必要があります。

その場合は、言葉が通じないと難しいですが、今は音声翻訳機がものすごく発達しました。

特に、ポケトークはかなり使えます。

ポケトークには大きくわけて2種類あり、ポケトークSとポケトークWがあります。

簡単にこの2つの違いをいうと「カメラ翻訳!」ができるかできないかです。

つまりポケトークSだと文字にカメラをかざすと、自動で翻訳してくれます!

こちらの動画を参考にしてください。

大きさや重さは以下のようになり、ポケトークSのほうが小さくて、軽いです。

ポケトークWは
幅:59.8mm
厚み:15.8mm
高さ:110mm
本体重量 :約100グラム

ポケトークS(名刺サイズ)は
幅:53.8mm
厚み:11.5mm
高さ:91.6mm
本体重量 :約75グラム

ポケトークSで実際に海外のヨガスタジオで使えるかどうか、「海外旅行先でヨガスタジオ巡りをする際に役立つ英語フレーズ」を、私がマスターしている言語(英語・韓国語・ポルトガル語)で検証してみました。

まずは英語です。

「着替えをするための部屋はありますか」

「営業時間を教えてください」

すべてきちんと訳していました。

韓国語も同様に大丈夫です。こちらも合格です。

なお、韓国語について検証した記事「海外旅行・海外調査にポケトークSは役立つかを韓国語で検証!」も参考にしてください。

その次に、ポルトガル語でも検証してポルトガル人にも確認してもらいました。

こちらは英語ほど正確には訳せませんでした。

一つだけ例を。

「着替えをするための部屋はありますか」ですが、なぜだか部屋ではなく、スペースと訳してきました。

「着替えをするスペースはありますか」でも意味はほとんど同じなのでOKでしょう。

ポケトーク(ポルトガル語訳)

ポルトガル語はもう一つ問題が、ヨーロッパのポルトガル語を選択しても、ブラジルのポルトガル語の単語で訳してきます。

ポケトークを開発された方が、ヨーロッパのポルトガル語とブラジルのポルトガル語の違いをよく理解していないようです。

ブラジルポルトガルでもポルトガル人に十分通じますが、そういった言語間の微妙な違いはこれからの課題ですね。

他の言語は検証していませんが、ヨガスタジオの受付で使う分には問題なく使えると思います。

今ポケトークW(カメラ翻訳機能なし)は公式サイトからだと半額以下になっています。

上位機であるポケトークS(カメラ翻訳機能あり)はサイズが2つあります。

普通のサイズ(名刺サイズ)が32,780円

それよりも少し大きいサイズのポケトークS PLUSは34,980円です。

公式サイトだとポケトークのアウトレット品を安く入手できることがありますので、ポケトークを購入するなら公式サイトがお得です。

ポケトークの公式サイトはこちら

夢のAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク)」

アマゾンや楽天でも購入可能です。

ただ、アマゾンや楽天の場合は、偽物という可能性などもありますので、公式サイトで購入されることをおすすめしますが、アマゾン・楽天・Yahooのほうが購入しやすいという方は以下のリンクからどうぞ。

短期留学しながらヨガスタジオに通う

ヨガ留学などもありますが、それよりもおすすめなのは、短期の語学留学をしながらその間に1日1回いろいろなヨガスタジオに通うというも楽しいと思います。

場合によっては、1か月のトライアルなどを受講することができますので、ヨガに関してはかなり安く受けることができます。

スマ留ですと、通常の半額で留学でき、1週間からの短期留学があります。

JTBの現地サポートもあり、しっかりしたエージェントです。

詳しくはこちらを参考にしてください。

おわりに

この記事では、海外旅行でのヨガ体験やヨガスタジオ巡りをする際のドロップインのやり方、注意点や持ち物について解説しました。

海外旅行に行った先々で、ヨガスタジオに行くというのはとても楽しいです。

海外旅行に行かれた際には、ぜひヨガスタジオ巡りに挑戦してください。

ただ、海外でのヨガ巡りをやりたいけど、そもそもお金がないという方は、リゾートバイトをおすすめします。

働きながら英語が学びます。

こちらの記事を参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました